iPhone6 アルミバンパー 電波 劣化 対策について

20141008_TheDimple-main_morita

iphone6をお使いの方でアルミバンパーを装着されている方も多いですが、何か電波の入り方が悪くなったような気がするという経験をしたことはないでしょうか。それは決して気のせいではなくiphone6 アルミバンパー 電波対策が施されていないと、干渉して通信に障害の出る可能性があるんです。
これを防ぐためには当たり前ですがiphone6 アルミバンパー 電波対策済みと銘打っている商品を選ぶのが一番で、最近ではこの電波干渉対策が施されたアルミバンパーはかなり多くなってきています。
今売れ筋となっている電波対策済みのアルミバンパーのひとつがDECASEの高精度アルミニウムバンパーケース ですが、ネットのスマホ関連グッズの中でも人気商品として結構有名なものなんです。何故電波干渉を極力受けないようになっているのかというメカニズムですが、ホール加工という電波を阻害しないための加工がされていますので、何も付けていない時とほとんど変わらず通信を楽しむことが可能となっているんです。
また電波対策のみならずデザイン性やアイフォン6本体の保護性能の高さも人気の理由で、アルミバンパーはこれを買っておけば間違いないと言えるくらいの物じゃないかと思います。iphone6 アルミバンパー 電波が弱くなると困っている方にはおすすめです。

20141009_TheDimple-back-black_morita

iphone6 アルミバンパー 電波対策については、行われているものと行われていないものに分かれているため、商品を購入する際には気を付けていなければなりません。対策されているものなら購入しても問題は無いのですが、対策をしていないものを購入すると、バンパー部分に電波が入らなくなってしまい、思っていた以上に繋がりにくさが生まれてしまいます。
アルミは電波を遮断する効果を持っているため、利用する場合は気を付けなければなりません。iphone6 アルミバンパー 電波対策が行われているものを購入すれば、とりあえず安心して利用することができます。安い値段で販売されているタイプの中には、対策が不十分となっているものがあり、電波の部分に切れ込みが入っていない場合もあります。このような商品を利用する時は、何らかの方法で対策をしておかなければなりません。
利用する場合はiphone6 アルミバンパー 電波対策のされているタイプがお薦めで、安心して利用できるようになります。どうしても対策されていないものを利用する場合は、なるべく電波が入りやすい所で利用することと、自分で行える程度の対策をして、利用しやすい状態を作っておくことが重要となります。

20141008_TheDimple04_morita

iphone6 アルミバンパー 電波対策についてですが、使用者が努力でどうにかなるものではありません。
金属であるアルミでiphoneを囲っていますので、どうしても電波障害が起き、電波が弱くなってしまうのはしょうがありません。
それを何とかしようと思うのでしたら、ケース選びが重要になってきます。

iphone6 アルミバンパー 電波対策で最も重量なのは、iphoneのアンテナ部分を金属で覆わないことです。
ですので、その辺りを考えられて作られているアルミバンパーを選ぶ必要があります。

普段バンパーを買うときにそこまで気にして買ったことはないかもしれませんが、良く見るとその辺を考えられているバンパーがけっこう売っています。

iphone6 アルミバンパー 電波対策などで調べてもらえばわかると思いますが、電波対策してあるバンパーの大半はiphoneのアンテナ部分にスリットがあります。
ほんの小さなスリットから大きなスリットまでさまざまですが、これがあるのと無いのでは大違いです。
なので、そういったバンパーを選ぶことが使用者ができる唯一の電波対策だと思います。

さらに最近ではアルミバンパーなんですが、iphoneのアンテナ部分の一部だけ金属以外の別素材を使ったバンパーも多く売られています。
電波対策としてはこちらの方がスリットよりは上だと思います。

電波が少しでも気になるようでしたこういった商品を選んでください。

20141008_TheDimple-silver01_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です