iPhoneケース を作る 人気 の方法とは

iriph400-mtr_10

iphoneケース 作る 人気の方法と言っても、インターネットを検索していくだけで膨大な数が出てきてしまいます。
しかし全部が全部出来るというわけでは無く、iphoneケース 作る 人気の方法で作っても装着できるケースはひとつだけなのです。
複数のiphoneケース 作る 人気の方法でケースを作ってから、毎日のように付け替えるという方法もあるにはあるのですが、いずれ面倒になってしまい、ひとつだけになってしまうことでしょう。
ですので、今回は絶対に飽きが来ないような、味があるケースの作り方について紹介していきたいと思います。
それこそが筆を使うもので、筆なんて小学生のころに使ってから一度も触れてすらいないし、筆も持っていないという方も安心してください。
別に本格的に筆を使っていくだけではないので、筆自体は100円ショップのものでも平気ですし、筆の使い方なんて初めて使うとかでもまったく問題ありません。
では実際に筆を使って装飾をしていく方法ですが、一度ブランクのケースを用意したら、それに白色を塗っておきましょう。
そうすることで、下地に影響されることがなく好きな色を塗ることが出来るので、そのまま自由に筆を走らせて、自分の味が全開のケースを作っていきます。

iriph400-grd_9

最近話題となっているiphoneケース 作る 人気の方法ですが、やはり自作をするならおすすめなのが彫刻と言えるでしょう。
iphoneケース 作る 人気の彫刻ケースとは、木でできていて、何も書かれていない無地のものに自分で彫刻をしていくことで完成するケースであり、平面への印刷とは違い、完全な一点ものとしての存在から人気になっていると言われていて、最近ではiphoneケース 作る 人気の方法の中でもメジャー化が進んできているのです。
しかし、実際に手をつけてみるとなかなかに難しいもので、とくにやっかいなのが、一度ミスをしてしまうと修正をするのがかなり難しいというところでしょう。
何故修正が難しいのかというと、この方法の場合はケースに直に彫刻刀をあてて掘っていくわけですが、もしもミスをしてしまうと、木を復元して戻すことは不可能なのです。
ですので、もしも修正をするとなると、パテか何かで埋めてから、その部分を周りと同じ色で塗装するということになってしまいます。
このような面でも一点ものの感覚が強くなりますので、そういった部分も楽しみにしてしまって、もしもミスをしてしまったら、その部分をなんとか生かして掘っていけないかなんて考えるといいかもしれません。

IRMSC410-WHT_1

iphoneケースを自作する人気の方法とは
iphoneケース 作る 人気の方法というと、ビートたけしさんがテレビでコマーシャルをやっていましたが、「DMM 3D PRINT」を利用するという方法があります。iphoneケース 作る 人気のある方法ということもあり、簡単で価格もお手頃なので面白いかもしれませんね。
3Dプリントというのは3Dプリンターを使うということとは違うのかもしれませんが、誰でもカンタンにあなただけのオリジナルスマホケースをお手頃価格で作成できると説明にありますし、ケースの材質や色を選べるのはもちろん、写真やイラストによるフルカラープリントや、デザイン性の高いレーザー刻印も可能ですということも記載されています。ICカード対応ケースも登場していて、携帯とICカードを一緒に収納できるので、荷物を増やしたくない時や通勤・通学にも大活躍してくれそうです。
フルカラープリントとレーザー刻印の2種類がありまして、フルカラープリントは、対応機種の多さと、自由度の高いデザイン性が特徴です。イラストであっても写真であっても値段が同じで、高解像度で鮮やかにプリントしてくれます。ケースのタイプは5種類です。レーザー刻印は、選べるケースの素材・色が多く、デザイン性の高さが特徴です。モノクロ2階調でのデザインという制限はありますが、プリントでは表現できない、独特の風合いも魅力ということです。ケースのタイプは5種類です。

BCFSC400-PNK_1

 

 

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です