スマホケース 作る その方法とは!?

20140926_TheDimple-Hold

売っているものに気に入ったケースがないな、なんていうときはいっそのことiphoneケース 作るという選択もあるのです。
そんなの絶対無理と最初からあきらめてしまうのはあまりにもったいないことで、iphoneケース 作るというのは実はとても簡単にできてしまいます。
実際にiphoneケース 作る時には、まず専用の透明ケースを買っておきましょう。
作るとは言っても、さすがに一からというわけにはいかないので、元となるケースは用意しておきます。
それと自分のお気に入りの画像も用意しておきましょう。それがケースの模様となるわけです。
その後、用意した画像をテンプレートにそって編集していくわけですが、それができないという人は、ネットで代行してくれるところもあるので、そういったサービスを利用してみるのもいいかもしれません。
画像の編集が終わったら、最後に印刷するわけですが、印刷には透明シールか白いシールを使います。
白いシールの場合はこのままでいいのですが、透明シールの人の場合は、白色の部分を透明指定しておく必要があります。
これをしないと、せっかく透明シールを使っても、透明の部分がなくなってしまうので、かならず透明指定をしておきましょう。

IRMSC410-WHT_4

Appleのiphoneといえば、スマホでは国内トップクラスのシェアを誇る人気商品です。優れたデザインの商品だけに傷をつけたくないという人も多いのでしょうか、いろいろな種類のカバーやケースが販売されています。アルミバンパーやブランド品などが人気のようですが、ありきたりなデザインではなく、自分だけのオリジナルデザインのケースやカバーがほしくないですか? そんなときには「iphoneケース 作る」で検索をかけてみましょう。
「iphoneケース 作る」で検索をかけてヒットしたサイトをのぞいてみると「カンタンにオリジナルケースが作れます!」というキャッチフレーズが目に入ります。専用のデザインページを開くと、機種選択画面になりますので、あなたのiphoneを選んでください。クリアケースやホワイトケースなどの素材を選んだあと、絵や文字を貼り付けていきます。貼り付けるものはあなたの描いたイラストでも、子供やペットの写真でも構いません。気に入ったものができたら確認ボタンを押せば、オリジナルデザインの完成です。価格の方も税込み2000円弱とお手頃なので、オススメですね。
こうしたオリジナルデザインのケースを作ってくれるサイトには、Illustratorファイルで入稿するものなどさまざまなやり方があります。オリジナルデザインのケースが欲しいときには「iphoneケース 作る」で検索をかけて、いろいろなサイトを見てみましょう。

131016irualmesh5c1

iphoneケースを自分で作る方法とは!?
iphoneケース 作る人のことをうらやましく思ってながめている人はいませんか?自分でiphoneケース 作るには、アートの才能がなければ無理だよねとあきらめているけれど、簡単に自作できるなら作ってみたいと考えている人がいるかもしれません。写真とクリアケースでオリジナルのiphoneケース 作ることができる「iCaseMaker」というアプリを使えば、あなたも自分だけのiPhoneケースを作ることができますよ。
このiCaseMakerはクリアケースとiPhone本体の間に挟むラベルをプリントできるアプリです。自分の選んだ写真やイラストを選択するだけで、不器用なあなたでもiPhoneのケースの型紙を簡単に作成することができるのです。あらかじめ用意されているパターンやスタンプ、マスキングテープを使ってケースの柄を作成することもできます。そして、ポストカードの大きさまでのランダムな大きさのラベル・画像を作成することもできるアプリなのです。このアプリで作成したラベル・画像は、他のメーカーのプリントサービスに最適化した大きさでカメラロールに保存することができるのです。ほぼ原寸大のラベルを写真画質で作成することができるのですから、なかなかのケースができちゃいますよ。

iriph400-mtr_10

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です