iPhoneケース 印刷 でオリジナルカバーを作ろう!

20141008_TheEdge-gold01_morita

iphoneケース 印刷が出来るのはご存知でしょうか?
iphoneは人気ですのでケースもたくさん出ていて、比較的好みのものを見つけやすいのですが、人と同じケースになってしまって少し嫌だなと思った事がある人も多いと思います。

そんな人にお勧めなのがiphoneケース 印刷です。
もちろん版権のあるものは印刷できませんが、それ以外でしたらいろいろなものをiphoneのケースに印刷する事が出来ます。

しかも、ケースの種類はさまざまで、今市販で売っているケースであればほとんどの形があります。
さすがにバンパーは無理ですが、それ以外でしたらiphoneケース 印刷可能です。

通常はプラスチックのカバーに印刷するのが安めで良いと思います。
扱っているお店によっても違いますが、写真や画像を持っていくだけで印刷してくれるところもありますので非常に簡単です。

お勧めなのは手帳タイプです。
お店によってやってくれるところとやってくれないところがありますが、やってくれるところからだと三千円前後から受け付けてくれるので、普通に市販品を買うのと変わりません。

低料金で簡単にオリジナルのケースが作れると、今ハンドメイド作家さんには非常に人気が高いこのサービス、使ってみてはどうでしょう。
プレゼントなどにも喜ばれると思います。

20141008_TheEdge-main_morita

オリジナリティが溢れているのが素晴らしいとされるこの時代に、iPhoneのケースをオリジナルのものにしない理由はないでしょう。
それを簡単に可能としているのがiphoneケース 印刷が出来るもので、最近ではメーカー頼らなくても、個人でiphoneケース 印刷することができるようになっています。
個人でといっても、別に家で印刷ということでは無く、データを送って業者にiphoneケース 印刷してもらうということで、それをインターネットを使って簡単に頼むことができます。
やり方の流れとしては、まず印刷してほしいデータを作るわけなのですが、この時のデータは写真でも平気なので、お気に入りの写真がある人はそれを送ってみるといいかもしれません。
ちなみにデータのサイズは機種によって変わってきてしまうので、しっかりと自分の機種のサイズを調べてから、データを作るようにしておきましょう。
印刷と言うと、どうしても下地は白と思うかもしれませんが、最近では下地に黒や透明を選ぶこともできるので、データにあった下地を選択することをオススメします。
昔は4色印刷で、色に頼りなかったのが、最近では6色になっていて、とても鮮やかに印刷できると言う特徴もあるのです。

20141008_TheEdge-silver01_morita

お気に入りの写真を待ち受けに設定している人はたくさんいますが、お気に入りの写真をiphoneケース 印刷している人は少ないでしょう。
もしかしたらiphoneケース 印刷が出来るということすら、知らないという方もいるかもしれませんので、ここではiphoneケース 印刷の種類などについて簡単にまとめてみます。
まず、一番多く使われている印刷方法として、インクジェットという方法があり、これは一般的な家庭用プリンターでも使用されているので、知っている人も多いかもしれません。
ケースの印刷の場合には、インクジェットはコストを抑えることが出来、完成までの期間も短くなっています。
インクジェットプリントの場合には、印刷面はツヤが抑えられたものになることが多いのですが、それに対して曲面転写プリントというものがあり、こちらの場合は綺麗に光を拾う、光沢仕上げになっているのです。
何故光沢になるのかというと、染料を高熱で気化させることによって、ケースの素材に色をしっかりと染色し、ケース本来のツヤを残せるというものになっています。
こちらの印刷方法のほうが少しコストが高くついてしまうのですが、まるで製品のもののようになるので、出来れば曲面転写プリントがおすすめです。

20141008_TheEdge04_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です