iPhoneケース を作るにはどうすればいいの?

01+

自分好みのiphoneケース 作成を目指すのであれば、まず作成をしてくれるようなサービスを利用することとなります。作成してくれるサービスを見つけられないと、新しく作ることはかなり難しくなってしまいます。特に1から作りたいと考えている方や、イラストをプリントするタイプを考えたい方にとって、作成してくれるサービスを見つけることは非常に重要なことです。
作成してくれるサービスを利用して、まずはiphoneケース 作成の依頼を出します。そして可能かどうかを見てもらって、可能であればすぐに作成を行ってくれるのです。作成してくれたものが届けば利用可能となるため、最初のうちは作成することに前提を置き、その後で完成度という部分を把握していくこととなります。完成度があまりにも低い所を利用するのは避けたいので、念のため情報を調べておくことになります。
自作のケースであればもっと目立つようになりますし、iphoneケース 作成を行ってオリジナルという部分を見せやすくなります。そのためには行っているサービスを見つけることが一番重要となってきます。サービスによっては出来がよくなったり悪くなったりすることもあるので、しっかりと作るようにしてください。

AMMSC600_ORN_02 _COMULA

iphoneケース 作成が出来るのを知っている人は少ないと思いますが、これがけっこう簡単に出来るので人とは違うケースを求めている人にはお勧めです。

iphoneケース 作成と言っても難しいものではありません。
一からケースを作るわけではなく、予め用意してあるケースにオリジナルの写真やイラスト、文字などを印刷してもらうだけです。

ですので、iphoneケース 作成に必要なのは画像を用意するということだけです。

で、その用意した画像をどうすれば良いかというと、専門のケース屋さんに渡すだけです。
このケース屋さんが実店舗なのか、ネットショップなのかにもよりますが、ネットショップの場合は画像をメールで送るだけです。

なので、私はネットショップの方をお勧めします。
ネットショップの方が非常に簡単で、ケースの種類も豊富です。
中にはラメなどを入れてくれるお店もありますので、市販品と何の遜色も無いケースを作ってもらえます。

ただ、気をつけなければいけないこともあり、フォトショップ形式のファイル、またはイラストレーター形式のファイルしか扱っていないお店もあります。
そういったお店でケースを作ってもらうには、フォトショップかイラストレーターが必要ですので注意が必要です。
その2つのソフトを持っていない人は、jpgの画像でもOKなお店を探してください。
数は多いので、すぐに見つかるとは思います。

AMMSC610-YLW_01_COMULA

iphoneケースを自作するにはどうすればいい?
iphoneケース 作成を自分でできるアプリがあるのをご存知でしょうか。iphoneケース 作成を自分で行う人は、ツイッターを見ているとけっこういるんですよね。クリアケースを購入して自分でイラストを入れるだけでも自作iPhoneケースということにはなりますが、友人に作ってもらったり、ツイッターなどのSNSで依頼してプロに作ってもらう人もいるということも知っていましたが、iphoneケース 作成を自分でできるアプリができたというのです。どのようなアプリなのでしょうか。
このフリスマというスマホアプリは、まずケースの素材をハードケースかソフトケースの2種類から選びます。次にライブラリから写真などを選択し、ケースのどの位置に入れるかを決定します。プリスマのアプリでは写真の加工をしたりすることはできないので、写真を加工してからこのアプリで使用するようにした方がいいです。そして、文字を入れることもできます。文字を入れる位置などを決めて、背景のベースになる色を決めます。これでデザインが完成します。デザインがこれで良ければ、購入をクリックします。配達方法を選んで注文は終了です。宅配便やメール便で届きます。自分で作ったわけではないので、厳密には自作ではないかもしれませんが、工作が苦手な人なら、このアプリを利用して自作してみてください。

AMMSC600_CLR_01

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です