iPhone6 用 カバーケース おすすめ商品

20141008_TheDimple-gold01_morita

街で手帳型のiPhoneケースをお使いの方をよく見るようになりましたが、やはり今はバンパーケースの人気に並ぶくらいの勢いが出てきていると言う事でしょう。そこで手帳型タイプのiphone6カバーケース おすすめ商品がFantastick Denim Caseでして、ネーミングに入っているようになんとデニム素材でカバーが作られているんです。
一般の手帳型iPhoneケースと言ったらレザー素材をすぐに思い浮かべますが、デニム素材という見た目のインパクトはかなりの物だと思います。手帳カバーを閉めるための部分にジーンズのボタンが付いていたり、Gパンのファスナーまであるという、まさにジーンズをそのままiPhoneカバーにしてしまったようなビジュアルなんです。これをiphone6カバーケース おすすめとしないで何をおすすめしましょうか。
デニム素材と言うのは元々過酷な環境で働く人達の作業着として生まれたものですから、大事なiPhoneをガッチリと保護してくれるということは想像に難くない可と思います。またデニムは使う事に味が出てくる素材ですので、お手持ちのiPhoneをビンテージジーンズのように見せることだって可能です。
デニム素材出できているiphone6カバーケース おすすめしてきましたが、とてもカジュアルな見た目とは裏腹に機能も十分ですのでコレは買いです。

20141008_TheEdge-black01_morita

スマートフォンアクセサリーのなかでも、特にこだわって選びたいのがカバーケース。
最近の手帳型のiphone6カバーケースの人気はとどまる事を知りません。
中でも人気のiphone6カバーケース おすすめはレザー素材。
女性向けの商品は一見すると高級ブランドの長財布と間違ってしまうような上質のデザインで
iphone6カバーケース おすすめのランキング上位を総ナメしています。
一方、男性向けのレザーというと、ヌメ皮やキャメルといった定番の色を想像して
少し地味かも…と思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし最近では女性向けに限らず、男性向けにも染色したレザーを使った
こだわりデザインのカバーケースが発売されているんです。
たとえば、染色した革を編み込み複雑な模様を作ったメッシュレザーカバー。
切り替え加工、スタッズやコンチョボタンをアクセントに使った人気のカバーケースなど
自分のファッションスタイルに合わせて選べる幅広い商品が展開されています。
そして手帳型を選ぶ最大のメリットは、画面をしっかり保護してくれること。
荷物の多い人や、ついついむき出しのままカギをカバンに入れてしまう人でも
手帳型のカバーケースを選べばiphone6を取り出して「しまった、やっちゃった…」なんて心配はいりません。
定期やショップカードをしまえる収納性も荷物を減らしたい人には嬉しいですね。
これからiphone6に変えようと思っている人にも、今iphone6を使っている人にも、
デザインと機能性に優れた手帳型のiphone6カバーケース おすすめです!

20141008_TheDimple04_morita

iphone6カバーのおすすめ商品紹介!
iphone6カバーケース おすすめの「Shibaful シバフル iPhone6ケース Yoyogi Park フリップケース」をご紹介いたします。とにかく、人とは違うものが欲しいという人にぴったりのiphone6カバーケース おすすめです。
このiPhoneカバーケースは、「手のひらに公園を」のコンセプトのもとにカバーケースの表面を日本芝風に仕上げてあるので、名前が「芝生ル(シバフル)」なのです。代々木公園ということですよね。この見た目のインパクトは相当なものがありますから、iphone6カバーケース おすすめです。
バイルを植毛してあり、芝生の質感と感触を表現しているのです。「暖かい日差しの下で公園の芝生に触れるやすらぎやほっとした気持ちをいつも身近に感じさせてくれる」という想いで作られたフリップケースなのです。ここまでユニークなカバーケースは他に類を見ないですよ。この芝生風の素材はとことんまで毛の長さや、どんな色を混ぜ合わせるかということを考え抜いて作られています。このパイルを職人が植毛しているというのですから、作り方まで驚かせてくれます。その植毛方法は「静電植毛」という方法で、垂直に立たせたパイルをケースのサイド部分や縁面にまで植毛しているのです。

index

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です