スマホ アルミバンパー おすすめはコレ!

20141008_TheDimple04_morita

iphone6 ケース アルミバンパー おすすめは、Highend berryのクリアなケースです。
とても軽量になっていて、しかも丈夫で弾力を持っている、TPU素材が使われています。
落とすことがありがちなスマホですが、衝撃を和らげてガードしてくれます。
薄い素材になっていますので、iphone6の厚みが増えるといったこともありません。
薄さを維持して使うことが出来て、持ちやすく、手に持つと落としにくいでしょう。
iphone6 ケース アルミバンパー おすすめポイントとしては、落下防止用のストラップホール付きになっていますので、お好きなストラップが付けられます。
ストラップの穴は大きめになっていて、取り付けやすくなっています。
ストラップホールは左右の両側に付いていて、使いやすさが追求されています。
コネクタカバー、イヤホンジャックカバーなどが、一体化して取り付けられています。
イヤホン・ヘッドホンについては、プラグ根元部分の大きさが7ミリを超えると、使用できない場合があるので注意すべきでしょう。
iphone6 ケース アルミバンパー おすすめポイントとしては、お値段の低さにあります。
現在のところ、アマゾンでは2000円ほどで購入が可能になっています。
丈夫で衝撃に強く、機能が高いHighend berryのクリアなケースはチェックしておいて損はなしです。

20141008_TheDimple-silver01_morita

iphone6 ケース アルミバンパー おすすめはこれだ、ということを今回は説明していくために、もっともいけているiphone6 ケース アルミバンパー おすすめのものの情報をまとめてみました。
やはりiPhone6を少しでも長く使うためにiphone6 ケース アルミバンパー おすすめのものは耐久度の高いものがいいといえるので、今回のオススメは耐久度がとても高い「セクター」というものです。
この「セクター」というアルミバンパーケースは全体を黒で統一したデザインの上に、水色のラインを重ねるようにできており、それがとてもサイバーチックに見えることで、流行の最先端をいっているケースと思われることでしょう。
もちろん先ほど書いたように、耐久力にとてもすぐれており、落としても衝撃が本体に直接響かないような形にデザインされているのです。
この「セクター」には「セクタープロ」という上位互換版も存在していて、こちらはなんとフロント部分にもプレートが装着されているので、かなり頑丈なケースとなっています。
こちらであれば、いくら落としても本体に影響が出ることはないので、安心して落とすことができます。
ただし、ケースに傷がつく場合はあるので注意しておきましょう。

20141008_TheDimple-gold01_morita

iphone6ケース商品、アルミバンパーのおすすめはコレ!
iphone6 ケース アルミバンパー おすすめなのは、「ゼクシード358 MY-BUM iPhone6アルミ削り出しバンパー」です。表面と裏面のカラーコンビネーションを自由に組み合わせることができるというポイントと、アルミバンパーケースの周囲にあるジグザグ模様のオリジナリティあふれる斬新なルックスが特徴的なので、iphone6 ケース アルミバンパー おすすめすることができます。ゼクシード358らしいジュラルミン削り出しiphone6 ケース アルミバンパー おすすめします。
マテリアルシルバー・ライティングゴールド・ライティングレッド・ライティングブラックの4色があります。やはりこのサイドのギザギザ模様がとてもおしゃれでかっこいいのですが、チェックにも見えて本当に個性的です。表面と背面の色の組み合わせによっては、まったく違う造形を見せてくれるので、いろいろなパターンを楽しむことができます。ジュラルミン素材を削り出し加工で作られているアルミバンパーケースなので、大変美しい仕上がりになっています。サイドのジグザク模様は塗装で作られているのではなく、そのジュラルミン製フレームの加工処理によるものです。表から、裏から、横からと、あらゆる角度から、うっとりと眺めることになりますよ。

iphonecase_j3_black1

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です