iPhone6 アルミバンパーケース 定番商品紹介

20141111_TheDimple-black-main_morita

iphone6 アルミバンパーケースの定番と言うと、やはりDECASE prossimoだと思います。
このDECASE prossimoはバンパーの上部と下部がポリカーボネート素材になっています。
ですので、アルミ製バンパーの弱点である電波障害が起き難くなっています。
ですので、iphone6 アルミバンパーケースの定番になっているのだと思います。

アルミ製のバンパーケースは耐久性は問題ないのですが、金属なのでどうしても電波が弱くなってしまうんです。
それが嫌でアルミ製のバンパーを使わないという人は多いです。
なので、この点を改善してあるDECASE prossimoを多くの人が選ぶのは非常に納得がいきます。

iphone6 アルミバンパーケースの弱点を解消しているだけではなく、価格も非常にリーズナブルです。
かなり安価なアルミ製のバンパーは多くありますが、この価格で電波問題を解消し、かつデザイン性に優れていて耐久性も申し分ないバンパーとなるとなかなかありません。
ですので、DECASE prossimoが定番になるのは当たり前だと思います。

装着には専用工具を使わないといけないということ、カメラ回りの保護ができないので保護リングが必要なことなど、細かく言えば完璧ではありませんが、それらを踏まえても非常に買う価値のあるバンパーだと思います。

20141111_TheDimple-gold-main_morita

iphone6 アルミバンパーケース 定番商品紹介
iphone6 アルミバンパーケースの定番商品として、「Alloy X – PATCHWORKS」を挙げさせていただきます。このiphone6 アルミバンパーケースは、全世界に輸出されていて、名品という人もいるほどの高級バンパーなのです。
アルミブロックを加工してから、バンパーケース一つ一つを手作りにより製作しています。エアクラフトグレードアルミニウムを採用しているので、衝撃に強く、耐久性にも優れています。ネジを使わずに着脱できるように設計された新構造。アルミバンパー業界で最高レベルの製品を製作するために使用されたエアクラフトグレードアルミニウムは最上級航空機素材です。
iPhoneをiPhoneらしく美しく魅せるために、シンプルイズベストをコンセプトにしていて、機能は最小限、質感はマットを実現しています。「Alloy X」のアルミフレームは、内部にウレタンフォームが装着されているので、装着するときにiPhoneに直接触れることはなく、衝撃を吸収します。アルミバンパーケースとiPhoneが擦れることでキズになることを防ぎ、落下させた時の衝撃を分散させる効果も持たせています。また、ケース装着時にiPhoneを置いても背面カメラが接触することがないような仕組みになっています。

20141111_TheDimple-silver-main_morita

iphone6 アルミバンパーケース 定番商品を紹介するとしたら、ケースの定番である手帳型でありながら、iphone6 アルミバンパーケースでもあるという「手帳×アルミバンパーケース Cuoio」を選ぶかもしれません。iphone6 アルミバンパーケースとレザーケースのコラボレーションであり、ハイブリッドであるという、なかなか他にはないアルミバンパーケースです。
iPhoneのケースはバンパーも人気がありますが、手帳型も根強い人気がありますよね。その2つが組み合わさったのですから、お互いの相乗効果により、さらによりよいiPhoneケースになっているのです。
このケース、バンパーと手帳のコラボといいましたが、手帳部分を取り外せばアルミバンパーケースとして単独で使用することもできるのです。このような発想は案外ないものです。
カバーのスピーカー部分はカットされているので、ケースを閉じていても通話することができます。コラボの利点を活かし、手帳部分をスタンドに変形させてしまえば、動画を見る時に重宝します。フタにはマグネットが付いているので、開け閉めが楽ちんです。
カラーバリエーションも、茶×シルバー、茶×ブラック、茶×レッド、白×ブラック、黒×シルバー、黒×ゴールド、黒×レッド、赤×ゴールド、赤×シルバー、黒×シルバーと豊富に揃っているので、色によってはかなり印象が違いますよ。

20141111_TheEdge-black-main_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です