スマホ バンパー アルミ 人気メーカー紹介

00000306_photo1

iphone 6 plus バンパー アルミ 人気メーカー紹介
iphone 6 plus バンパー アルミの人気メーカーの一つは、「Deff(ディーフ)」ではないでしょうか。
iphone 6 plus バンパー アルミを数多く世に出していて、iphone 6 plus バンパー アルミの世界では、定評のあるメーカーの一つです。
ブランドコンセプトは、「こだわりのモノづくり」です。Deff(ディーフ)の名前の由来は「Design evolution for the future.」ということで、「独創性の高いアイデア」と「進化するデザイン」で、時代にあったライフスタイルの提案とその未来を創造したいという思いを込めて設立したそうです。
iPhone6 Plus用アルミバンパー「CLEAVE」や「HYBRID」は、A6063アルミニウム合金が採用されていて、軽量で頑丈なバンパーです。ハイブリッドには、新世代素材のカーボンファイバーも使用されています。これらのバンパーを装着した後のフォルムも大変美しく、サイズアップも最小限に抑えられています。「CLEAVE」には、ゴールド、シルバー、グラファイト、ブラック、ミッドナイトブルー、レッドの6色があり、「HYBRID」には、ブラック、シルバー、レッド、ブルーの4色があります。
Deffは、語らずとも製品がユーザーに支持されるブランドを目指しています。

41tXR4HQYSL._SY300_

iphone 6 plus バンパー アルミ 人気メーカー紹介といわれれば、「GILD design(ギルドデザイン)」を挙げないわけには行きません。
「GILD design(ギルドデザイン)」のiphone 6 plus バンパー アルミで有名なのは「ソリッドパンパー」ではないかと思いますが、その他にも素晴らしいiphone 6 plus バンパー アルミを開発しています。
それだけではなく、「GILD design(ギルドデザイン)」はコラボレーションでも話題になることが多く、ヱヴァンゲリヲン新劇場版公式プロジェクト「RADIO EVA」、コナミデジタルエンタテインメントのゲームソフト「METAL GEAR SOLID V 」、熊本県営業部長「くまモン」とレースチーム「ラ・ベレッツァ」、「中日ドラゴンズ」、三重県鈴鹿市にある「オコシ型紙商店」などとのコラボレーションを成功させています。
「GILD design(ギルドデザイン)」の母体は二輪車レース用部品を設計・製作する会社です。iPhoneバンパーのデザインでも、レースと同じように「必要な物を残して、不必要な物を削る」ということをしているわけです。そこに機能美が生まれるということになるのだそうです。そして、スマートフォン用ケースを作るきっかけは、従業員の半数が毛起床画面を割った経験があるからなのだそうです。初めてのジュラルミン削り出しケースは、就業時間後に社員用に製作されたそうです。

imagves

H2-STYLEなどを出しているケイファクトリーがiphone 6 plus バンパー アルミの人気メーカーだと思います。
H2-STYLEは、国産の材料を自社工場で加工して作っています。
日本製というのが人気の理由だと思います。
国外で作られたものが悪いとは言いませんが、やはり日本製と言うのは安心度が違います。
ですので、どうせ買うなら日本製と、人気が上がっていったのだと思います。

iphone 6 plus バンパー アルミでケイファクトリーが人気メーカーな理由はH2-STYLEの出来がとても良いというのも理由の一つです。
日本製だけなら他にもたくさんあります、ですが、H2-STYLEの出来の良さはなかなかありません。

超ジュラルミンを使って作られているH2-STYLEは、薄く軽いだけではなくとても硬いです。
なので、強度も十分です。
そして、イヤホン部や充電器コネクター部の開口を大きくすることによって純正のものだけではなく、他社製品の使用も問題なく出来るようになっています。
この辺の気遣いが国産ならではです。

iphone 6 plus バンパー アルミで格安なものを出しているメーカーは多数ありますが、これだけ国産にこだわったメーカーは少ないのではないでしょうか。
日本企業ならではの気遣いがあり、質の良い製品を販売しているということで人気メーカーなのが十分納得いきます。

41b3nUe-61L._vSY300_

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です