アイフォン6アルミバンパー 売れ筋商品

20141111_TheDimple-black-main_morita

アイホン6アルミバンパー 売れ筋商品というと、「DECASE prossimo」もその一つです。アイホン6アルミバンパーを使うと、電波干渉が心配になることはないでしょうか。最近のアイホン6アルミバンパーは、その電波干渉が起きないように工夫されているバンパーが増えてきています。逆に、電波干渉ということは少し犠牲にしても、アイホンの保護を優先するバンパーもあります。
この「DECASE prossimo」は、アイホンのアンテナに触れる部分をポリカーボネートにすることによって、電波干渉を起こさないようにしているのです。それでいてデザインを犠牲にはしていませんから、見た目にもおしゃれでかっこいいアルミバンパーです。
このアルミバンパーは、ポリカーボネートをメタリック塗装しているので、アルミバンパーの高級感を損なうことはありません。装着するのはネジです。工具を使わなくてもいいバンパーケースが増えていますが、ネジと言ってもそれほど着脱が大変ということはありません。ネジでギュッと締める方がぴったりとフィットする感覚がありますしね。そもそも、それほど着けたり外したりはしません。バンパーなので、液晶や裏面には保護ガラスや保護フィルムを貼っておくことは忘れないでくださいね。

20141009_TheDimple-Front-black_morita

iphone6を保護するアクセサリーの中で、一回り大きくなった本体を機能的に保護するアイテムとして人気なのがバンパーです。バンパーはiphone側面を覆いカバーするので、背面全体を覆うケースや全体を包み込むカバーとは違い、スタイリッシュなiphone6そのままのデザインを楽しむことができます。バンパーの中でも人気なのが高級感溢れるアイホン6アルミバンパーです。傷にも衝撃にも強いアルミバンパーは見た目もシンプルで、男女問わず選ばれる素材です。
アイホン6アルミバンパーを手軽に取り付けられるのが、付け外しが簡単なネジ不要のタイプでしょう。Deviaのiphone6アルミバンパー軽量アルミ製メタルバンパーは初心者にも扱いやすいタイプのネジなしバンパーです。それからおしゃれにiphone6を使いたい女子に人気なのはM’s Select. Masquerade iPhone 6。背面のカメラを可愛らしく飾りながら保護できて、しかも千円ちょっとの破格値で購入できるアイホン6アルミバンパーです。
バンパーを使用する際に心配になるのが、むき出しになってしまう背面の保護ではないでしょうか。MUSASHIの背面保護クリアプレート付アルミバンパーは、背面ケースとセットで売られているバンパーです。ポリカーボネート製のケースでしっかりと背面を保護し、またバンカーリングも一緒に使うことができます。
アルミバンパーはとても種類が豊富ですので、しっくりくるものを色々と試してみるのもいいでしょう。

20141009_TheEdge-remover_morita

iPhoneは何も付けずに傷が付いたほうが逆にカッコイイという方もいますが、それだと折角のiPhoneの寿命が短くなってしまう可能性もありますので、やっぱり保護するための策を講ずる必要があると思います。一番手軽な方法のひとつがバンパーを取り付けることですが、軽量化されていてしかも硬いというアルミを使用したアイホン6アルミバンパーが最も人気ではないかと思います。
アイホン6アルミバンパーで最も売れ筋となっている商品のひとつがBellBreezeのアルミニウムメタルバンパーなんですが、激薄の0.7ミリで重さが4グラムしかありませんので、お持ちのiPhoneをほとんど違和感無く使用することが出来る凄いアルミニウムバンパーなんです。キャッチコピーが羽のように軽いとありますが、これは決して誇大広告ではなく本当に物凄い軽さなんです。
デザイン的にはとてもシンプルな作りとなっていますので、iPhoneの良さを消すこと無くしっかりと保護してくれるアルミニウムバンパーです。アイホン6アルミバンパーの中でもここまで邪魔にならないデザインは無いと言ってもいいくらいで、縁の下の力持ちのようにさり気なく保護してくれるのが嬉しい所です。
さすがの売れ筋商品というだけあって、痒いところに手が届く仕様だと思います。

20141010_TheEdge-button_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です