iPhone6 plus アルミ ケースの商品紹介

00000306_photo1

最近、人気のあるiphone6 plus ケース アルミ の商品紹介です。iphone6 plus ケース アルミのもので最近出てきているものは「GINMIC iPhone 6/6 Plus アルミニウム合金 バンパーケース 」です。ブラックやシャンパンゴールドなど、カラーバリエーションも豊富で、その未来感覚のデザインはiphone6 plus ケース アルミの中でも格好良さが際立っているアルミケースとなっています。近年流行であるアルミニウムバンパーケースなので、軽量であり、ネジ止めをして取り付けをしても重量を感じないという特徴があります。

続いてのiphone6 plus ケース アルミバンパーケースは「SQUAIR バンパー “The Dimple” Bumper case for iPhone 6 Plus」です」Amazonでの価格は64,800円と高額ですが、航空機に使用されるアルミ合金である「超々ジュラルミンA7075」を使用しており、軽くて耐衝撃性に優れている商品なので、高額でも4分割してあるパーツを組み合わせるような構造にしており、電波障害をあえて受け入れることで最高強度をほこっています。電波強度が弱くなると公式に言っている商品は珍しいですが、それだけこの素材に自信があることの証明でしょう。

ネジのないバンパーで最高の強度をほこり、分かる人にだけ持たれたいアルミバンパーケース「SQUAIR バンパー “The Dimple” Bumper case for iPhone 6 Plus」はAmazonで最高のレビュー評価をされているのです。

SQUAIRDuralumin2

iphone6 plus ケース アルミで、和柄の模様が刻印されている商品があります。『OKOSHI-KATAGAMI ジュラルミン削り出しケース iPhone 6/6 Plus』というiphone6 plus ケース アルミなのですが、和風のiphone6 plus ケース アルミをお探しの方であれば、心を奪われてしまうことになりそうです。
この「OKOSHI-KATAGAMI ジュラルミン削り出しケース」は、伊勢型紙メーカーの老舗である「オコシ型紙商店」とiPhoneアクセサリブランドとしてファンの多い「GILD design」がコラボレートして作ったケースなのです。三重県鈴鹿市にある「オコシ型紙商店」と三重県亀山市にある「ギルドデザイン」ということで、三重県にある企業のコラボということになります。
伊勢型紙というのは、着物の柄や文様を生地に染めあげるときに使う型紙のことをいいます。なんと、1000年以上もの歴史があるといわれている技術なのです。この歴史と伝統のある伊勢型紙で作られる柄がアルミケースに彫り込まれているのです。
ギルドデザインは亀山市の企業だったんですね。シャープ・アクオスの亀山モデルも亀山市ですから、亀山といい三重県といい、やはり素晴らしい土地という感じを受けます。高強度ジュラルミン削り出しのアルミケースに伊勢型紙。メイドインジャパンですね。

41CE4aDfPZL._SY300_

iphone6 plus ケース アルミの商品である「Deff ハイブリッドケース UNIO ケブラー」をご紹介します。
iphone6 plus ケース アルミを使用している人の中には、iphone6 plus ケース アルミが電波を干渉しているのではないかと心配されている人がいるのではないでしょうか。この「Deff ハイブリッドケース UNIO ケブラー」は、ケースの背面に「ケブラー」という素材を使用していますので、電波を遮ることがないのです。
このケブラーという素材は、デュポン社が開発した強化繊維ですから電波を通してくれるのです。繊維の織り目も美しいのですが、繊維でありながら、鋼鉄の5倍の強度があるというのですから驚きです。
「Deff ハイブリッドケース UNIO 黒檀」というタイプもあります。黒壇は家具や楽器に使われる木材ですね。黒壇は硬いことで知られていますが、見た目の美しさからも家具や楽器に使われているのです。アルミと木材は違和感があるかと思いきや、完璧にマッチするところが素晴らしいミスマッチです。
背面がトレイのようになっていて、そこにiPhoneを入れてアルミフレームをはめ込むだけですから、工具も必要ありません。別売の全面保護ガラスプレートも使うことで、どの面からもプロテクションすることができます。

41tXR4HQYSL._SY300_

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です