スマホ カバー で傷から守ろう!

20141111_TheDimple-black-main_morita

iphone6を守るのに、iphone 6 plus カバーを装着し、iphone 6 plus カバー で傷から守ろう!という心構えを普段からしておくことが大切です。せっかくのiphoneを落としたりしたら傷だらけになってしまい、最悪の場合、画面までヒビが入ってしまうこともあります。ですからiphone 6 plus カバーをしっかりとつけ、画面も守ることができるものを買いたいものです。

最近では軍用の基準をクリアしたテック21社のクラシック・チェック、標準的なApple社のレザーケースなどが有名です。どれもiphoneにピッタリとはまり、落としたときの衝撃に強いのが特徴です。また、ケースだけでなくバンパーもしっかり見ておきましょう。バンパーは画面よりも盛り上がっているものをつけるのが正解です。落としても、バンパーのぶん、画面にまで衝撃がいかないということで、画面の破損を防ぐ役割を持っています。だいたいのバンパーは専用の工具を使ってネジ止めするものが多いのですが、ネジ止めがないものもあります。

iphone 6 plus カバーは数も多く、どれを選んだらいいのかわからない人が多いと思いますので、そうしたときにはネットショップで売り上げ順にソートしたり、iphoneの専門ネットショップで更新されるランキングや新製品の情報などをチェックし、自分のiphoneに合うiphone 6 plus カバーを探してみてください。

20141111_TheEdge-gold-main_morita

折角購入した端末を、すぐに落として傷だらけにするのは決していいことではありません。しっかり守る意味でも、iphone 6 plus カバーを購入した方がいいです。購入しておけば端末の傷はつかなくなりますし、落とした時に壊れる心配もありません。端末の色がいいと思っている方でも、クリアなカバー1つ付けておけば安心できることが多いです。
iphone 6 plus カバーをつけることによって、薄い端末でも傷がつかなくなり、完全にガードを固めることができます。素材によって多少違う所はあるかもしれませんが、落とした時に傷がつかなくなったり、ちょっとしたことで色の違う部分が出来てしまう心配が無くなります。更に端末をアレンジすることが出来るようになり、カバーによって色を変えられるようになります。これが一番大きなメリットと言える部分です。
勿論傷がつかないようにするため、iphone 6 plus カバーを付けておくことは大切です。購入した端末は何年間か利用しなければなりませんが、壊れてしまえば全く使えなくなりますし、傷が付いている部分を見せるのは非常に恥ずかしいものです。折角いいカバーがあるのですから、有効に使っていかないと損をすることが多くなります。

41b3nUe-61L._SY300_

iphoneを使用する前には、まずはカバー選びが重要です。裸のまま使用していては大切な本体を傷から守れません。特にiphone 6 plusは従来のiphoneよりもずっと大きく、そして薄くなりました。iphone 6 plus カバーは取り付けても大きくなりすぎてしまわないこと、それから手から落ちないように滑りにくい素材であること、それから衝撃に弱い本体をしっかりと保護できるものを選びましょう。
iphone 6 plus カバーは全体を保護できるものをお勧めします。大きくなったぶん、落としてしまった際に本体に掛かってしまう衝撃も相当なものになってしまいます。本体が壊れてしまったり、傷が付いてしまっては大変です。また、画面も大きい分液晶の保護にも気を使わなくてはなりません。そこでぴったりなのが、本体全体を覆うことが出来る手帳型カバーです。
iphone 6 plusはとても薄いので、手帳型カバーを使用しても厚みが全く気になりません。圧を加えると曲がりやすいという欠点も、全体を保護することで本体を守ることが出来ます。背面も表面も、それから見落としがちな側面も傷付けたくないと思っているかたには手帳型カバーが最適でしょう。
iphone 6 plus カバーに手帳型を使用することで、一緒にタッチペンや電子マネーなどを収納することが出来て、機能面でもポイントが高いのでお勧めします。

41CE4aDfPZL._SY300_

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です