おしゃれな iPhone 6 Plus バンパー でカスタマイズしよう!

02-1

iphone 6 plus バンパー でカスタムしよう!
iphone 6 plus バンパーでカスタムしている人が、ツイッターを見ているとたくさんいることがわかります。みなさん、自分なりにiphone 6 plus バンパーでカスタムをしているんですね。
定番のデコやスワロフスキーなどを使ってカスタムしている人の画像を見ると本当に上手にカスタムしています。
グリーンミラーの色付き強化ガラスにストーン付きバンパーをプラスしたカスタムは、写真で見ただけでかっこいいなあと思わず声が出てしまうことでしょう。
ホームボタンとフレームをキラキラ仕様にしたバンパーは、派手すぎないのでとてもおしゃれです。
他にも、バンパーとホームボタンのアクセサリーでカスタムしたiPhone6plusは、とってもハンサムくんになっています。
画面が割れてしまった人がカスタムショップや自分でカスタムを施すということもあるようです。
フルスキンとバンパーでオリジナリティーを発揮している方もいます。
やはり、iPhone6plusのデザインを活かすためにバンパーを使用している人が多いのだということがわかりましたが、さらにそこから自分なりのカスタムをしている人が案外多いこともわかります。大好きなiPhoneをさらに素敵に変えているのですね。愛情の深さが伝わってきます。

41b3nUe-61L._SY300_

これまでのiphoneに比べて一回り大きくなったiphone 6 plusです。ケースやカバーを付けることでさらに大きく感じたり、せっかくの本体の薄さが損なわれてしまうこともあるでしょう。そこで本体保護におススメしたいのがiphone 6 plus バンパーです。薄さはそのままで側面にぴったりと装着するその手軽さで、老若男女問わずに多くのかたに利用されているアクセサリーの一つです。
iphone 6 plus バンパーはデザインがシンプルではありますが、中には個性的なものもあり、その機能性だけではなくデザイン面においてもカスタムをして楽しむことができます。バンパーが優れているのは本体に邪魔にならない軽さであることと衝撃をきちんと吸収してくれるところです。iphone 6 plusのフォルムを生かしたままで本体を保護することができます。
と言っても大きなiphone 6 plusは側面にバンパーを取り付けることで少々大きさが増してしまうことは否めません。手が小さな女性にとっては、どのようなケースを取り付けても扱いづらくなってしまうでしょう。そこで、より薄いiphone 6 plus バンパーであるアルミ製のものを使用することをおススメします。さらにリングストラップをつけるなどして、落下防止対策を取ればより安心です。

41CE4aDfPZL._SY300_

iphone 6 plus バンパー でカスタムしようと思ったらどうしたらいいのでしょう。
まず最初に考えるのは、iphone 6 plus バンパーで、どのようなカスタムをして、どのような最終形、完成形にするかというビジョンをはっきりと立てることでしょう。iphone 6 plus バンパーでどうしたいのかというものがボヤケたままだと、何をどうしていいのか、いくら考えてもまとまらないと思います。
こんなふうにしたいというイメージがあるのなら、そのためのカスタムパーツを購入して自分でカスタムするか、それともカスタムショップなどにお願いするかという選択になります。
もちろん、カスタムが得意な友人や知り合いがいるのなら、その人に頼んでみるのもいいかもしれません。しかし、それが失敗になったときのことも考えておいた方がいいかもしれませんね。気にいらなかったとしても、いつも会う人だとしたら、すぐにはそのカスタムバンパーを変えるわけにはいかないでしょうからね。
自分でカスタムする場合も、うまく行かなかったときのことを考えてからチャレンジした方がいいと思います。あまりにも大掛かりなカスタムをして故障してしまったとしても、iPhoneの保証範囲外になってしまうこともありますからね。

imagves

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です