iPhone6 アルミ 素材のバンパーまとめ。

20141111_TheEdge-black-main_morita

iphone6の保護に本体のデザインをそのままに、シンプルでオシャレなガードアイテムとしてバンパーを使用しているかたも多いのではないでしょうか。特に高級感とデザイン性を備えたiphone6 アルミ素材のバンパーは人気商品の一つです。値段も比較的手軽なものから高価なものまで様々あるiphone6 アルミバンパーですが、人気の秘密はその機能性と軽量さにあるといえます。
また、その見た目の美しさも支持される理由の一つでしょう。光沢感がありますし、またアルミバンパーの中でも削り出しといった、量産型ではない一つ一つのこだわりを見せる製品もあり、iphone6の上品な本体を損ないません。
バンパーは側面のみの保護になりますので、背面の傷には弱いという面があります。そこで背面保護のクリアプレート付iphone6 アルミバンパーといった製品があります。バンパーだけではなく最初から背面プレートがセットになったものですので、バンパーの良さを損なうことなく守ることができます。背面プレートにバンカーリングが付いた物も人気です。それから背面カメラの周りをしっかりと守ってくれるM’s Select. Masquerade iPhone 6は、その彫刻の美しさと2000円以下というコスパのよさから女性に支持されているアルミバンパーです。
アルミバンパーはさり気なくおしゃれにiphoneを保護してくれる万能アイテムなのです。

20141111_TheDimple-gold-main_morita

iphone6 アルミ素材のバンパーについて、少しまとめてみましたので、いくつかの種類を紹介しましょう。
最初に紹介するiphone6 アルミのバンパーケースはアルミバンパーミスセレクトというものです。
こちらはバンパーケースに豪華な装飾が金色でされており、下地が白いということもあり、とても高級感があります。
装飾は花柄になっていますので、女性向けといえるでしょう。
バンパーケースにもかかわず、カメラ部分の保護もしてくれるのが嬉しい仕様です。
次に紹介するiphone6 アルミのバンパーケースは背面保護クリアプレートのアルミバンパーです。
こちらはバンパー部分の他にも背後にクリアプレートがはめこまれており、それがバンパーケースでは保護できない部分もしっかりと保護してくれています。
装着がスライドだけで出来るというのも特徴になっています。
最後に紹介するアルミバンパーのケースは着せ替えができるという、DECASEという商品です。
こちらはバンパーパーツが上下で二セットずつ付いてくるため、その日の気分によって色を使い分けることが出来るのです。
カラーが五色存在していますので、かなりのバリエーションを楽しむことができるようになっています。
赤と黒の組み合わせなど、自分の好きな色でアレンジしてみましょう。

20141111_TheEdge-gold-main_morita

iphone6 アルミ 素材のバンパーまとめ。
iphone6 アルミ素材のバンパーまとめの一つに、「M’s Select. Masquerade」を入れることにします。
masquerade(マスカレード)の名前からわかるように、「仮面舞踏会」に訪れる紳士淑女が着けているような仮面を思わせるデザインがiPhone6背面カメラを守るようにデザインされています。「オペラ座の怪人」のイメージでもいいかもしれません。
iphone6 アルミの背面カメラ部分にレーザー彫刻で花がらをあしらう。その曲線のフォルムが華やかでありながら、どこか背徳感の漂う仮面舞踏会の雰囲気を表現しています。iphone6 アルミバンパーという限られたスペースで、これだけの表現をしているものはあまりないように思います。
この「M’s Select. Masquerade」は工具がなくても着脱することができます。
色によっても雰囲気がまったく変わります。ホワイト、ブラック、ピンク、バラ、ゴールド、ブルーというカラーがあるのですが、印像が全然違ったものになるのがわかると思います。
背面カメラの回りにだけあるこのマスカレード模様は、片側にだけあることがさらに美しさを増しているように思います。仮面舞踏会で、スティックのついた仮面を手で持っている女性がいますが、それと同じバランスを感じさせる効果を演出しているのかもしれません。

20141111_TheDimple-silver-main_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です