iPhone6 plus の画面 ってどうやって守るの?

20140926_TheDimple-Hold

iphone6 plus ガラスのフィルムには本体を強力に保護する力があり、とても強力に守ってくれるのです。
そんなiphone6 plus ガラスのフィルムがどのくらい頑丈で、どのくらい本体を守ってくれるのかは気になる方も多いでしょう。
なので、iphone6 plus ガラスの保護フィルムについて少し解説してみます。
まず、ガラスのフィルムは液晶全体を覆って守ってくれます。
昔のガラスのフィルムだと液晶の部分だけで、他は一切守ってくれていない状態でしたが、最近のものは全面をカバーしてくれるので、液晶以外の部分も割れることがないのです。
この時、フチの部分までかなりぴったりと張り付いてくれるため、本体の丸まっている部分からはがれるといったようなこともありません。
それは、フィルムの吸着面にシリコンが使用されているおかげで、それによってガラスのフィルムが剥がれることがないのです。
そんなシリコンが使われているから、張りにくいんじゃないかと思う方もいるでしょうが、そんなことはなく、誰でも張りやすいものになっています。
基本的にホームボタンやスピーカーの位置を基準として貼り付けるようになっているので、よっぽどのことがなければずれないということなのです。

20141009_TheDimple-Front-silver_morita

iphone6 plus ガラスのフィルターって守られるのかとか、貼りにくくないのかとか、張って感度が悪くなったりしないのかなど、いろいろと気になる点があるでしょう。
そんな疑問についてひとつずつ答えていきますので、これからiphone6 plus ガラスを買おうという方は、是非参考にしてみてください。
まず、一つ目に本当に守られるのかということですが、これは基本的にiphone6 plus ガラスには強化ガラスが使われていますので、まず割れることはないでしょう。
いろいろな試験をクリアしてきたものが販売されているので、信用することができます。落としてしまって割ってしまったらとビクビクしないで、どんどんと使っていくといいでしょう。
次に貼りにくくないのかという疑問についてですが、確かに昔のものは貼りにくかったのですが、最近のものはそういったことがなく、気泡が入らないようにとか、位置がずれないようにといろいろな工夫がされています。
一度貼ってずれていても、貼りなおすこともできるので、その点は問題ないでしょう。
最後になりますが、ガラスを貼ることによって透明度が落ちるなどどいったことはなく、もちろんタッチの感度もそのままです。
落とした時にしっかりと本体を守ってくれるように、しっかりとガラスを貼っておきましょう。

20141009_TheDimple-Front-gold_morita

iphone6 plus ガラス って守られるのでしょうか?
iphone6 plus ガラス部分は端が曲面になっているので、それまでのガラスフィルムでは保護することが難しくなりました。その後、iphone6 plus ガラス曲面を保護する強化ガラスフィルムが開発され、現在ではiphone6 plus ガラスの曲面については保護されているの考えられる状態ではあります。
しかし、この強化ガラスフィルムは本当にiPhoneを守ってくれるのでしょうか。
このことに果敢に挑戦している動画がありました。カッターやハサミで強化ガラスフィルムを傷つけようと試みていたのです。カッターやハサミだけではなく、端を欠けさせようとしてショックを与えてみたり、果てはアスファルトにこすりつけたりもしているのですから、恐れいります。しかも、このテストを実際にiPhoneに装着したままで行っているんですよね。たしかに、iPhoneに装着したままでなければテストにならないかもしれませんが、もし強化ガラスが保護できなかったとしたら、iPhoneはズタズタのボロボロになっていたところです。
つまり、そうなのです。これらのことをしてもiPhoneには傷一つつかなかったのです。ただし、アスファルトにこすりつけたテストだけは、この強化ガラスが割れてしまいました。でも中身のiPhoneは無事だったのです。強化ガラスのすべてがここまで守ってくれるとは限りませんから、信頼できる強化ガラスフィルムを使用していただきたいです。

20141009_TheDimple-Front-black_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です