iPhone6 用 アルミ ケース電波対策商品

20141010_TheDimple-button_morita

最近流行りとなっているiphone6 ケース アルミですが、こちらには電波干渉を抑えるという効果があるものもあります。
せっかくiphone6 ケース アルミを使うのであれば、そういった電波対策商品を利用してみるのもいいでしょう。
なので、今回はiphone6 ケース アルミの電波対策をしている商品について説明していきましょう。
そもそも、アルミニウムでできているケースには、電波干渉を引き起こしてしまう性質があり、これによって電波が弱くなってしまうということがあるのです。
それの対策として最近では特殊な塗料が電波干渉を引き起こしてしまう部分に塗られている商品が存在しており、これによって電波障害が改善されているのです。
他にも電波が干渉してしまう部分にアルミニウムではなく木製の素材などを使っている商品もあり、結果として質感の違いがとてもおしゃれになっています。
さらにはアルミニウムと本体が直接あたらないように、間にしっかりとクッションを挟むことで、電波の干渉を防いでいるというものまであるのです。
このような商品には電波障害を防ぐ以外にも、クッションが入っていることでの保護能力もあり、それによって本来をもし落としてしまっても、平気なように出来ています。

20141009_TheDimple-remover_morita

iphone6 ケース アルミ 電波対策商品はあるのでしょうか。近年、iphoneのケース素材で最も表に出てきているのがアルミです。バンパーとして優秀な素材ですし、軽量ということで人気があるようです。

その前に、iphoneは当然ながら電波を飛ばしてWi-Fiの電波をキャッチして通信します。そのため、iphone自体がiphone6 ケース アルミのもの以外であっても、iphone自体をケースで覆ってしまうため、どうしても電波障害が起きてしまう可能性があります。

そのため、iphone6 ケース アルミのものの中には電波障害を起きにくくさせるために切れ目を入れたりしてあるものもありますが、切れ目がないケースだと電波が遮断されてしまうため、ケースを選ぶさいには注意が必要です。ケース自体の触りごこちや軽さがあって良いと思っていたケースであっても、実際に装着してみると電波の入りが悪くなるということもあり、そうなってしまっては本末転倒なので、iphone6 ケース アルミを選ぶさいにはよく吟味して選ばなくてはいけません。

せっかく買ったiphoneを電波障害の波に飲ませることなく使っていくために、iphone6 ケース アルミケースの選択眼を磨き、電波障害が少ないものを選びたいものですよね。

20141008_TheDimple-black01_morita

 

iphone6 ケース アルミはとってもかっこよくスタイリッシュで好きなのですが、電波に影響が出ることがあるという懸念を持つことがあるかもしれません。確かにアルミケースによってはそのような症状が出てしまうこともないわけではないという現実があるので、できるならば電波対策をしてあるものを選ぶならば安心かもしれません。

その点でおすすめなiphone6 ケース アルミは電波妨害が少ないアルミケース ibacks Essence シルバー iPhone 6ケースというものであり、電波強度低下の少ない厚さ1.1mm 軽さ18gのアルミケースなのです。この商品はアルミを3分割して上下にある3G/wifi用のアンテナ部分は開放することで電波妨害を防いでいますのでしっかりと対策されているのです。しかも航空機に使用される高張力な日本製のアルミニウム鋼材を使用していることで、傷対策もしっかりなされているのです。シンプルなデザインで本体との一体感、そしてまるでケースをつけていないかのような軽さ、とっても魅力のある商品です。電波対策がされているので安心して使用することができます。iphone6 ケース アルミ製品を選ぶ際にはこうした特徴のあるものを見つけるならば失敗しない買い物ができるのです。

20141009_TheEdge-remover_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です