iPhone6 用 バンパー 定番商品

index

iphone6本体を守るために多くの人に選ばれているのが、iphone6 バンパーです。iphoneの傷つきやすくコーティングが剥がれやすい側面部分を保護し、うっかり落としてしまった際の衝撃を和らげてくれます。バンパーをつけることで手にフィットしやすくなりますので、手から滑ってしまうこと自体も予防することができるのです。
カバーやケースのようにiphone6の見た目を損ねてしまうことはないバンパーには、色々な素材のものがありますが、一番の定番商品は金属素材のiphone6 バンパーでしょう。高級感が漂い、安っぽくなりません。とくにアルミ合金でできたものは値段も手頃で、色も豊富です。デザイン性にも優れており、抜群の耐久力を持っています。定番のiphone6 バンパーであるアルミバンパーを使用すればまず期待通りの機能が発揮されるでしょう。
金属製のバンパーを使用する際に注意したいのは電波干渉ですが、売れ筋の人気商品ですと、きちんと対策がなされていますので安心です。これまでよりも大きくなったiphone6をスマートに守ってくれるのがバンパーです。軽量なアルミバンパーはしっかりと本体を保護してくれるので、使用しているかたも多い定番アイテムになっています。

images

iphone6 バンパーの定番商品として挙げられているのが、DECASE prossimoです。このバンパーはアルミで作られているものの、実は電波を遮断しない効果を持っており、電波が入りやすくなっています。普通のアルミバンパーでは干渉することで電波が入りづらくなっていますが、それが軽減されているので使いやすくなっています。
一見するとアルミバンパーのように思われますが、実はポリカーボネートが利用されている部分を持っているので、iphone6 バンパーの定番商品になりつつあります。これによって値段も抑えられるようになって、結構安い金額で購入することができます。バンパーの強度もしっかりしていますし、何よりもカラーバリエーションが沢山あるので使いやすいです。盛った時の印象も大きく変えてくれるバンパーで、結構高い人気を持っています。
iphone6 バンパーとして高い人気を誇る定番商品で、しかもDECASE自体がフィットしやすいという良さを持っているので、よく利用されているのです。隙間が生まれることも無く、しかも落とした時の安定感も非常にあるので、定番商品としては優秀です。ネジをつけるタイプなので、不器用な方には厳しい所もありますが、それでも使い勝手はいい方です。

indgfex

iphone6 バンパー 定番商品を一つ挙げさせていただくとしたら、ディーフの「CLEAVE chrono」を挙げたいと思うのですが、ご賛同いただけますでしょうか。
ディーフ(Deff)はパンパーに力を入れているブランドですが、iphone6 バンパーの「CLEAVE chrono」を装着してみたときに、「ああ、このメーカーはやっぱりすごいなあ」と感心したものです。
iPhone6が曲線のイメージであるにもかかわらず、それとはまったくの反対のiphone6 バンパーだったのです。それまでのCLEAVEシリーズは、いわゆる「三次元曲線」というデザインだったのですが、このバンパーではそうではないものを出してきたのです。iPhone6の薄さを活かした素晴らしいデザインでした。アルミから削りだされたバンパーには、内側にシリコンシートが貼られていました。傷から守るためであり、落下してしまった時のショックアブソーバーとして機能させるためです。
また、曲げに弱いと言われていたiPhone6が容易には曲がらないような構造にこのバンパーはなっていました。大きなネジを回すだけで着脱ができるので工具は必要ありません。定番のカラーもラインナップされていて、コンセプトやデザインという点からも、バンパーの定番商品の一つではないかと思っています。

iphonecase_j3_black1

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です