iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしの魅力

20141008_TheEdge04_morita

iphone6 plus アルミバンパー 削りだしの魅力はなんといっても精巧に作られている品質の高さを感じさせるものにあります。これはプレスして大量に量産されているような安物には真似のできないものがあり、そのなめらかな肌触りにはうっとりと虜にさせてくれる魅力が詰まっているといえるでしょう。

また、iphone6 plus アルミバンパー 削りだしの魅力はなめらかな肌触りの他に削りだしならではの造形美にもあるといえるでしょう。つまりデザインはiphone6 plus アルミバンパー 削りだしという特徴が強く出ているともいえますが、唯一無二のものであるといっても過言ではありません。

iPhone自体が薄くてSmartさが味わいあるスマートフォンなのですが、アルミニウムを削りだして作られたバンパーというものはその美観を損ねないどころか際立たせてくれるものがあります。また、iPhoneは薄型機ゆえに捻じりや曲がりに弱い印象を与えてくれるのですが、それを補ってくれるという意味でも重要な存在であるといえるでしょう。

多少は高価なバンパーなのはアルミニウムである以上は否定できませんが、満足感は段違いです。憧れの削りだしアルミニウムバンパーを手にれて更にiPhoneライフを満喫しましょう。

20141008_TheEdge-main_morita

アイフォンカバーとして話題のアルミバンパーですが、みなさんはもう装着されましたか?
アルミという金属素材のもつ重厚感に加え、万が一落下させてしまったとしても守ってくれるという安心感は、持っていて満足させてくれるものです。
そんなアルミバンパーにもいろいろな種類があるのをご存知ですか?アルミはもちろん金属ですので、その加工方法によって強度やデザインが決まってきます。
樹脂のように一度溶かして型に流し込むものもあれば、削りだしと言って素材から文字通り削りだす方法もあります。
価格的には削りだしの方が高くなりますが、では削りだしの魅力とは何なのでしょうか。
iphone6 plus アルミバンパー 削りだしの良さはまず見た目です。削りだした工作機械の歯の跡が、何とも男心をくすぐります。さらに当然ながら見た目だけでなく、一度溶かした素材と比べて削りだしの方が強度も優れています。ということはiphone6 plus アルミバンパー 削りだしのほうが薄くても高強度という訳です。カバーを付けるとせっかくの端末本来のもつ薄型の質感が損なわれて嫌だと言う方にはまさにぴったりです。
まさに玄人好みな男の選択。iphone6 plus アルミバンパー 削りだしでしっかりあなたのアイフォンをガードしましょう。

index

iphone6 plusのアルミバンパーの商品紹介を見ていると
「削りだし」という言葉をよく見かけます。
削りだしとは金属加工の方法の一つで、
金属を素材の塊から直接機械で切り出して
加工する方法の事を言います。
仕上がりが非常に美しく、一度金属を溶かしてから冷やしたり、
叩いてプレスしたりする方法に比べて密度にムラがなく、
高い強度を保つことが出来ます。
しかも加工精度を高くすることも可能で
繊細なデザインを保ちつつ軽さ、
薄さと強さを兼ね備えることが出来るので、
iphone6 plus アルミバンパー 削りだしは
非常に高品質な仕上がりとなっています。
iphone6 plus アルミバンパー 削りだしは
大量生産の鋳造のアルミバンパーに比べて
1つ1つ直接素材から削り出していくので、
他の加工に比べて非常に手間がかかります。
ですから大量生産の製品にくらべて価格は高くなっていますが、
鋳造では決して実現できないような美しく複雑な形状や品のある光沢、
鋳造の製品ではねじ曲がってしまうような力をかけても
削りだしのアルミバンパーならびくともしないという安心感こそが
iphone6 plus アルミバンパー 削りだしの大きな魅力です。
iphone6シリーズはその薄さから曲げる力に弱いとよく言われています。
ですが、この削りだしのアルミバンパーがあればそんな心配は全く必要ありません。
シンプルなだけのアルミバンパーとは違う、
上質な削りだしのアルミバンパーで大切なiphone6 plusを守れば、
その値段をはるかに超える品質が必ず実感できます。

41tXR4HQYSL._SY300_

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です