iPhone6 Plus アルミバンパー の電波対策ってどうなってるの?

20141010_TheEdge-button_morita

iphone6 plus アルミバンパー 電波対策ってどういうことなの?といったご質問をいただくことがあります。そのための答えははっきりと申し上げることができないのが残念ですが、基本的にはアルミニウムというものは金属です。金属なのでどうしてもiPhoneの電波には干渉してしまいます。そのため、価格が高めなアルミバンパーを装着したのに電波が悪くなってしまい買わなければ良かったと思われる方も中にはいらっしゃいます。それはそうですよね。アルミバンパーはポリカーボネート製やゴム製といったものよりは素材からして高価なので、安物買いの銭失いならともかく、高いお金を出して奮発して買ったアルミバンパーがこれじゃという思いが強いのは無理の無いことです。

しかしながら、iphone6 plus アルミバンパー 電波対策は徐々にですが浸透してきています。切れ目を入れてiphone6 plus アルミバンパー 電波の受信感度を高めていくのが一般的なセオリーとしての対策になります。こういった方法でなるべく、電波干渉を避ける方向に企業努力を行っている場合もありますで、アルミバンパーを見捨てることはいささか早計であるといえるのではないでしょうか。アルミバンパーは軽くて美しいものなのでこのまま終わるはずがありません。

20141009_TheEdge-back-silver_morita

iphone6 plus アルミバンパー 電波対策をしておかないと、電波が全くつながらなくなって利用できないことがあります。これはアルミに電波遮断の効果があるためで、このまま利用していると電波の状況が悪くなってしまいます。高いアルミバンパーだと対策をされていることが多いのですが、安いものは対策がされていないことがあります。
対策されていないバンパーを利用する場合は、電波の部分を加工する方法で回避できる場合があります。また対策されていることが明記されているiphone6 plus アルミバンパー 電波を上手く利用することができます。電波が上手く利用できる状態のバンパーであれば、特に気にすることはありません。書かれていないタイプや、海外で販売されているバンパーを購入する場合は注意が必要であり、もしかしたら電波に影響が出るかもしれません。
あまり電波に影響が出ないように、対策されているバンパーを利用して行かなければなりません。iphone6 plus アルミバンパー 電波対策はしっかりされている物もあれば、あまり対策がされていない状態のまま販売されている物もあります。これらの商品については、購入する際にチェックしておくことでわかるようになります。

20141008_TheEdge-silver01_morita

iPhoneなどのスマホを保護してくれるアルミバンパーがとても人気なのはご存知のとおりですが、プラスティック製と違って電波に干渉してしまう可能性が指摘されているのも事実です。そこでiphone6 plus アルミバンパー 電波対策をしっかりしていないものだとWi-Fiなどが上手くつながらない可能性もありますので、たとえ値段の高いものだからといって対策なしのものはお金の無駄になってしまいます。
iphone6 plus アルミバンパー 電波干渉を最小限まで軽減できる物でオススメなのが、DECASEのprossimoという電波対策が施されたアルミバンパーなんです。その仕組みはパーツの全てがアルミ製ではなく、アンテナ部分に近い所はポリカーボネートという特殊なプラスチックを使っているからなんです。オールアルミフレームと比べるとその差は歴然のようで、iphone6 plus アルミバンパー 電波に悪影響を及ぼさない物をお探しの方にはピッタリなバンパーです。
アルミバンパーにポリカーボネートを組み合わせているということで強度が気になる所ですが、ネジを完璧に締めてあげればかなり頑丈ですので問題はないとお思います。アルミとポリカーボネートのハイブリッドがこれからの電波対策バンパーの主流になってくるのではないでしょうか。

indgfex

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です