iPhone6plusアルミ 曲がるらしいけど大丈夫?

iphone6plusアルミ_1

薄くて大きくなったiphone6plusですが、ポケットに入れると曲がってしまうのではないかという懸念がニュースになりました。iphone6plusアルミ ボディ曲がるらしいけど大丈夫?という不安なスタートで始まったわけですが、アップルのファンとしては気がかりな面でもあります。薄くなればなるほど、そして本体が大きくなればなるほどその不安は大きくなります。使いやすさとスタイリッシュを追い求めているのでこの面での懸念が生じるのです。

実際にiphone6plusアルミ という不安を抱えながら使っている人もおり、そのような人はアルミバンパーや耐衝撃のケースを使うことで安心できます。曲がってからでは遅いわけですし、普通に使う分には曲がることは考えにくいのですが、仕事などでかなり使い込む習慣のある人やズボンのポケットに入れて激しく体を動かす仕事をしている人などがこうしたケースやバンパーを使用して保護することができるのです。

このようにiphone6plusアルミ ということに関しては、基本的には大丈夫なのですが、使い方によっては起こり得ることでもあるので、強度のあるアルミバンパーを取り付けて対応したいところです。

iphone6plusアルミ_2

iphone6plusアルミ ボディ曲がるらしいけど大丈夫?という質問も結構出ていますが、これはいいバンパーと悪いバンパーで答えが分かれます。いいバンパーなら絶対にボディが変形するようなことは無く、そのまま利用しても全く問題はありません。しかし粗悪なバンパーだと、押しつける効果が強くなってしまうので、アルミバンパーによってボディが曲がってしまう可能性は高いです。
どうしてiphone6plusアルミ ボディ曲がるらしいけど大丈夫?という質問が出てくるのかは、アルミバンパーの取り付け方法に問題があります。基本的にアルミバンパーはねじを利用して取り付けるものが多いのですが、この取り付けで締めつけが強すぎる場合、アルミバンパーの圧力が端末にかかりすぎてしまいます。これによって端末が曲がるようになってしまい、外してみると浮き上がっているような感じになります。
iphone6plusアルミ ボディという疑問を持っている方は、あまり締めつけ内容に取りつけることを徹底すると同時に、出来ればねじを利用しないタイプを考えてください。こうして圧力をかけられないようにしておくと、安心して端末を利用できます。値段の安い粗悪なものについては、出来れば取り付け方法を確認してから購入してください。

iphone6plusアルミ_3

iphone6plusの薄くてスタイリッシュな外観はカッコイイけどiphone6plusアルミ ボディ曲がるらしいけど大丈夫?と不安になって購入に踏み切れない人は少なくありません。実際にインターネットでiphone6plusが無残に折れ曲がった画像などが多く掲載されているのを見ると確かにこれまでのiphoneシリーズよりも強度が落ちることは間違いないようです。実際に1つ前のバージョンであるiphone5の厚みが7.6㎜であるのに対し、iphone6plusは7.1㎜と0.5㎜薄くなっています。それなのに画面の大きさがiphone5の4インチからiphone6plusの5.5インチと大きくなっています。素材が大きく変わらなければより薄く大きい方が強度が落ちると考えるのは当然であり、iphone6plusアルミ 大丈夫?と不安になって購入に足踏みしてしまうのも無理はありません。しかし、そんな不安を解消する為に現在ではiphone6plusを強固に保護する様々なケースやバンパーが販売されています。iphone6plusの薄さに惹かれたのに保護する目的だからといってゴツゴツしたケースやバンパーなど装着したくないと思う人にも薄くて外観を損ねないケースやバンパーも販売されています。iphone6plusアルミ 大丈夫?と不安に思っている人はケースやバンパーを是非探してみて下さい。

iphone6plusアルミ_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です