iphone6 plus アルミバンパー 比較 してみた

iphone6 plus アルミバンパー 比較_1

最近アルミバンパーを利用している方が多くなっていますが、iphone6 plus アルミバンパー 比較をしていくと、やはり取りつけている方が良いことも多いです。従来までのiphone6に比べれば多少端末は厚くなったものの、その分だけ重要な部品が多くなっているのも事実です。この部分は側面からの衝撃からの衝撃にかなり弱くなっているので、そのまま利用すると破損する可能性は高くなります。
しかし頑丈な素材で作られているアルミであれば、側面は確実に保護されることになります。iphone6 plus アルミバンパー 比較でも、バンパーをつけている時の衝撃は大きく吸収され、付けていないと端末の外観が壊れる可能性が高くなります。外側が壊れるほどの衝撃というのは当然なかの部分にまで大きな影響を及ぼしているので、なるべくアルミバンパーで保護してあげた方がいいのです。
iphone6 plus アルミバンパー 比較をしていくと、やはりバンパーをつけている方が端末には安全と言えます。アルミは軽くて丈夫なだけでなく、衝撃を吸収する力をある程度持っています。最近は更に衝撃が吸収できるように、シートなどを裏面に取りつけているバンパーもあります。端末まで衝撃が行かないためには、アルミバンパーは必須と言えます。

iphone6 plus アルミバンパー 比較_2

iPhone6を購入後、ケースは必要かどうかを考えてみた時に、少し調べてみるとアルミバンパーというものが見つかることかと思います。しかしこのアルミバンパーに関してあまり良くわかっていないという方も少なくないのではないでしょうか。そういった方のために、iphone6 plus アルミバンパー 比較を行い、あるのとないのとではどう違ってくるのかということを説明します。
まず、バンパーには材質がプラスティックなどのものもありますが、iphone6 plus アルミバンパー 比較をした時にやはり高級感という面でプラスティックの場合には劣ってきます。フィット感や高級感を出したいと思う方には、断然アルミバンパーがおすすめでしょう。
そして肝心の耐久性、保護能力についてですが、あるのとないのでiphone6 plus アルミバンパー 比較をしてみれば、その差はかなり大きいです。通常iPhoneは落としてしまうと破損だったり画面が割れることが多いです。しかし、このアルミバンパーで側面からの衝撃を抑えれば、破損だったり画面割れも防ぐことができますので、ぐっと耐久性が上がるといえるでしょう
。ですからiPhone6を購入なさった際には、このアルミバンパーを装着なさってはいかがでしょうか。

iphone6 plus アルミバンパー 比較_3

iphone6 plusは、iphone史上最大の大きさを誇るボディとなっているため、画面が大きく見易いというメリットと引き換えに、大きすぎて持ちにくいと言うデメリットを抱えてしまった端末でもあります。その大きさゆえに手から落ちてしまうことも多いようで、落下して破損してしまった人も今までのiphone以上に多いと言われています。落下から本体を守ってくれるアクセサリーにバンパーがありますが、iphone6 plus アルミバンパー 比較した場合、装着時と装着無しではどのような差が出てくるのでしょうか。落下させた場合に一番衝撃が加わりやすいのは本体の四隅の部分なのですが、バンパーを装着することによってその四隅をがっちりとガードすることが可能になります。バンパーを取り付けていないiphone6 plus アルミバンパー 比較をした場合には、落下した場合確実に角が破損することになりますし、今回のiphone6 plusの特徴でもある丸みのあるガラス面への衝撃も抑えることが出来ず、画面にひびが入る可能性が非常に高くなると言えます。バンパーを装着していれば、角への衝撃も緩和出来ますし、それによって画面への影響も最小限に抑えることが出来るのではないでしょうか。iphone6 plus アルミバンパー 比較すると、やはりバンパーを装着しているほうが本体を確実に保護することが出来ると言えるでしょう。

iphone6 plus アルミバンパー 比較_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です