日本の技術の結晶 iphone ケース アルミ 削りだし

iphone ケース アルミ 削りだし_1

 

iphoneを使うにあたって、ほどほどのケースもいいのですが、技術がこらされているメイドインジャパン製品を使うというのも良いものです。
今回バンダイで売り出されたケースは、敵軍でありながら大人気のキャラクター、シャアの属するジオン公国のエンブレムが刻まれた、ジュラルミン削り出しのiphone6用製品です。すべての工程が日本国内で行われていて、iphone ケース アルミ 削りだしは、一パーツごとに行われています。
全体はアルマイト処理で着色、エンブレムは着色ではなく削りだしで独特の立体感を生み出しています。
製造メーカーの母体は、軽さと強度を必要とする二輪車メーカーですから蓄積された技術は信頼性抜群で、iphone ケース アルミ 削りだしに力を発揮してくれます。
また素材のジュラルミンA2017は軽さと強度を両立した材料であり、また、ちょうど航空機などにも使われていて、ガンダムの宇宙戦争の世界観をくずさない、良い材料です。
色は赤と黒の二色で、2015年2月から完全受注の予約品で、売り切れ次第受付終了、そして4月から発送となっています。
価格は16200円と安くないですが、iphone ケース アルミ 削りだしという手間がかけられ、ものづくり大国日本の技術力が発揮されていた製品となっています。

 

iphone ケース アルミ 削りだし_2

 

iphone ケース アルミ 削りだしで人気ナンバー1は?こだわりのiphone ケース アルミ 削りだし。日本製でiphone ケース アルミ 削りだし。

iPhoneのユーザーはiPhoneを購入したらすぐに購入するものは何でしょうか?こんな質問をすると必ず帰ってくる答えが、iPhoneの本体を万が一の落下の衝撃から守る本体ケースではないでしょうか?

これは他のメーカーのスマートフォンにも言えることだとは思うのですが、iPhoneは特に本体カバーの使用率が多いそうなんです。

どうしてこのような現象が起こるのでしょうか。それはiPhoneが抱えている宿命とも言えることなのです。

iPhoneはそのデザインと機能に徹底的にこだわっています。特にデザインでは他に類を見ないほどの美しさを持っていますよね。

このためボディーには美しくないといった理由で、樹脂製のものは使用せずに金属とガラスを使用しているのです。それで地面に落下した時の心配が、他の樹脂製よりも若干大きいのです。
この心配から解放されるのが日本の技術の結晶である、iphone ケース アルミ 削りだしという日本製のiPhoneケースなのです。

アルミ削り出しという他では真似のできない技術で、驚くほどの精度と剛性を誇っていますので、万が一地面に落下させてしまっても破損する心配がないのです。

 

iphone ケース アルミ 削りだし_3

 

メイドインジャパンという世界的に技術の高さが認められている、いわば日本の技術の結晶というものは品質の良さ、仕上がりすべてにおいて際立っていて、職人のスキルの素晴らしさを物語っています。そんな技術がiphoneにも込められています。iphone ケース アルミ 削りだしはメイドインジャパンのものがあり、その高級感、上質感はワンランク上のものです。こだわりの加工技術で、シンプルさの中に繊細さがあります。アルミケースそのものも高級感のあるものですが、そこに手作業での削りだし技術がなされていて、肌触り、質感ともに申し分のないものです。ほとんど肉眼では見えない部分にもこだわりの仕上げがなされています。

気になるiphone ケース アルミ 削りだしの製品の値段ですが、やはり特殊加工ということ、手作業などのコストを考えると安くはありませんし、どれも平均すると1万円は超えてくるものがほとんどですが、それでもそのくらいの金額を出しても惜しくはないと思えるほどのものであることも確かです。そしてこうしたiphone ケース アルミ 削りだしの日本製のものを購入することで本体そのものを大切に扱うという意識が高まりますので、それはiphoneを保護するものとなります。そしてそうしたものを持っていることは1つのステータスになるのです。

 

iphone ケース アルミ 削りだし_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です