iPhone アルミバンパー を 購入する際のポイント

iphone アルミバンパー 電波_1

 

「iphone アルミバンパー 電波」と検索している人が多いことからもわかるように、iphone アルミバンパー 電波という三つの関係は、しばしば利用上のトラブルを起こすことで知られています。端的に言えば、アルミバンパーの特性が電波に干渉し、iphoneでの通信を行いにくくしてしまっているのです。
アルミバンパー購入の際は、iphone アルミバンパー 電波という関係について理解した上で決断すると無理がありません。アルミバンパーを付けることで電波状況が悪くなるかもしれない、という認識を持っておきましょう。
とはいえ電波干渉の問題が知られるようになって、メーカー側も様々な対応を取り出したので、最新のアイテムはその影響も大分小さくなりました。iphone5からはアンテナの位置が側面から中央よりになったので、より干渉というものが起きにくくなっています。
そのうえでバンパーと併用するパックプレートに関して、金属製やカーボン製の電波干渉が起こりうる材質を避けてみたりと
工夫すると、より電波状況を気にせずに使用できるようになります。
電波というのはとても繊細なものなので、少し状態を変えただけでも大きく事態が変化する可能性があります。アルミバンパーを諦めるという選択を早々にしてしまうことなく、まずはできることがあるのかを考えてみてください。

 

 

iphone アルミバンパー 電波_2

 

アルミバンパーにはちょっとした問題があり、iphone アルミバンパー 電波干渉という問題が起きてしまいます。電波は色々な方法で取り込めるようになっているのですが、バンパーを利用していると電波が遮られる問題があり、思っていたよりも繋がりにくい状態となります。これを放置するわけにはいかないので、アルミバンパー以外に付属品を取りつけて、電波を通常と同じように取り込める対策が必要です。
またiphone アルミバンパー 電波干渉以外にも問題があり、保護フィルムが浮いてしまう問題もあります。アルミバンパーはネジで固定するタイプが大半であり、固定することで安定して利用出来るようになっています。しかしネジを上から固定するタイプの場合は、保護フィルムを抑えつけるようになり、浮いてしまうのです。そのため保護フィルムで厚みのあるものは取り付けられないことがあります。
最後に裏側にパネルがつけられている物で注意して欲しいことがあります。iphone アルミバンパー 電波干渉問題は、裏側に取り付けられているパネルでも起こりやすく、アルミやカーボンなどの素材が使われていると電波が途切れてしまいます。これも別の商品を使えば解消できますが、電波が繋がりにくくなることは覚悟しなければなりません。

 

iphone アルミバンパー 電波_3

 

iphoneのアルミバンパーケースを購入する際、iphone アルミバンパー 電波障害について、知っておく必要があります。
iphone アルミバンパー 電波障害とは、iphoneが受信する電波がアルミバンパーケースによって、電波干渉を起こしてしまう事を言います。そうすると、電波が悪くなり、iphoneの調子が悪くなったと勘違いしてしまうのです。
その事は、アップルの取扱説明書にもiphone アルミバンパー 電波と明記されており、アルミバンパーケースを使用する場合は、必ず確認しないといけない事項になっています。
では、どのような点に注意してアルミバンパーケースを選べば良いのかと言うと、まず、赤斜線部が覆われていないデザインの物を選ぶ事が大切です。その上で、しっかりと電波障害がないかテストされているケースを選ぶ事が大切。この事は、ホームページなどでも確認する事が可能です。
また、説明書に「電波障害の可能性あり」などと明記されているようなアルミバンパーケースは避けた方が安全です。購入してからでは、取り返しのつかない事になりかねないので。
このように、iphoneのアルミバンパーケースを購入する場合は、電波障害が起こり得る事を理解し、最善の注意を払って選ぶ事が大切です。

 

iphone アルミバンパー 電波_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です