iPhone メタルケース、バンパーのご紹介

 

iphone メタルケース_1

 

バンパーとは、iPhoneの側面を守るためのカバーです。側面だけでiPhoneを傷から守れるかと思われるでしょうが、iPhoneの側面はアルミでできているので、機体の中でも脆い箇所になります。
本体画面はガラス製で、衝撃には強いように作られていますが、ガラスは横からの衝撃には弱いため、iphone メタルケースで横からの衝撃からしっかり守ってあげるといいのです。
またこのiphone メタルケースを使用すると、本体裏面のAppleマークが隠れません。このスマホはiPhoneなんですと言うことをさり気なく主張できます。iPhoneを手に取ったとき、他の人からしっかりとAppleマークが見えます。
iPhoneは、本体のデザインがオシャレですよね。せっかくのオシャレなデザインがケースで隠れてしまったと思われた方も多いはずです。
iphone メタルケースは守るべき衝撃弱いところはしっかり守り、本体に傷が入るのを防ぐ上に、iPhone本来のスリムでスタイリッシュなデザインを損なわないカバーです。
金属製バンパーのため、メタリックデザインのiPhoneとも違和感なくマッチします。
本体を手に取った際のiPhone薄さもそのまま、スッと手の中に馴染みます。ご興味のある方は一度手にとって見てみてはいかがでしょうか?

 

iphone メタルケース_2

 

私はiPhone4Sを使用していた時、最初はシリコンのケースを使っていました。しかしどうも気に入らなくて、他に何かないかとiPhoneのケースをネット探していました。どうせなら格好のいい、iphone メタルケースやバンパーなどがいいなと思っていたのですが、なかなかいいのが見つかりませんでした。どれも数千円と高かったのです。

iphone メタルケースやバンパーはやっぱり高いのかなと諦めかけたその時、送料無料で1600円程度のメタルケースを見つけました。色は黒で、iPhoneの横と後ろを包むようなケースでした。後ろには、りんごマークが見えるように、丸い穴があいていました。

これだと思い、早速ブラックを購入しました。そして実際つけてみると、多少厚いものの、しっかりとiPhoneを守ってくれるような感じで、かつとてもクールでした。

ただ、メタルケースなので、冬場は結構冷たくなる事と、多少角張っている部分があり、そこがポケットに入れていると引っかかって、取り出す時に取り出しづらかったのと、ポケット内部を傷つけてしまい、引っかかって無理やり取り出すのを繰り返すと、スラックスだとポケットが破れてしまう場合がありました。

それ以外は特に問題はなく、かつデザイン性を重視し、私は同じiphone メタルケースをもう一個購入してしまいました。

 

iphone メタルケース_3

 

iPhoneの大きな特徴の一つとして、豊富なケースの種類があります。シリコン製やプラスティック製、さらには金属製のケースがあります。iphone メタルケースの特徴は、頑強なボディと機械的なフォルム。童心をくすぐられるデザイン性にあります。
アルミを使ったバンパータイプの物もあり、実に種類が多いでしょう。
iphone メタルケースは近年特に需要が高まっているという話もあります。その理由の一つがiPhone本体にあります。最近の新しいiPhoneの本体はアルミボディ。アルミボディに合うのはやはり金属でしょう。
メタルケースに包まれたiPhoneはやはり一体感があります。とてもかっこいいですね、この一体感が人気の秘密のようです。メタルケースに包まれていながらもそのデザイン性は作りこまれた物が多く、実に個性的なメタルケースがたくさんあります。ガンダムをモチーフにしたものや、単純にとことんタフにした物。メタルケースの特徴の一つとして、タフさがあります。タフさを求めてiphone メタルケースを使用する人もいます。タフさを求めると必然的に個性的なフォルムになります。個性的なiPhoneケースには多くの需要があるので、若い人に特に人気があるようです。

 

iphone メタルケース_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です