iPhoneケース アルミの相性

iphoneケース アルミ_1

 

最近はケースではなくiphoneケース アルミを利用している方が多くなっています。アルミを利用することのメリットは、軽さを残しつつ保護が出来る部分にあります。他の素材でケースを作っている所もありますが、何れも端末の重さが増加して、持っていると重たいと感じてしまうのです。しかしアルミであればそれが無いため、軽さを残しつつ衝撃から守ることができます。
もう1つは端末の裏側を見せながら利用できることにあります。折角自分が気に入ったカラーで購入したのに、色つきのケースを利用すると見えなくなってしまいます。クリアカバーを利用する方法もありますが、これでは強度の問題が出てしまうので、iphoneケース アルミバンパーを利用します。アルミなら端末の裏側の見せても、側面から落とした場合は破損しないので、安心して利用できます。
ただiphoneケース アルミにもデメリットが多数存在し、電波が繋がりにくくなる問題があります。特にアルミバンパーを利用している場合は起こりやすいのですが、アルミケースも同様に電波が遮断されやすいです。アルミは電波を阻害する効果を持つ素材であり、折角いい電波が入ってきても、繋がらない状態になります。電波の部分は他のアクセサリーで代用は出来るのですが、その分の重さは増えてしまいます。

 

iphoneケース アルミ_2

 

iphoneケース アルミ製のものは、一般的なプラスチックのケースと比べると耐久性が高いことが何よりのメリットになります。
iphoneケースに期待することは、iphoneを守るというのがまず一番ですので、アルミ製は金属だけあってその点において優秀で、評価が高い製品となっています。強度の割に他の素材と、重さの面ではほとんど変わりがないというところもポイントですね。常に持ち歩くことになるものの選択をする場合には、軽さも重要な観点になります。
逆にiphoneケース アルミ製のデメリットとして知られているのが電波障害です。アルミは僅かに電波に干渉する特性を持ち、状況下によってつながりにくくなるのが難点だといわれています。
プラスチックなどと比べると、価格自体も高いことが多いので、それもiphoneケース アルミ製の問題の一つといえるかもしれません。持った上での軽さと、所有する上での手軽さは、また違う意味を持つものというわけです。
ただ電波障害については改善がなされつつありますし、製品によって価格は様々なので、デメリットと一概には言えないところがあります。どんなものにもよいところと悪いところがありますが、アルミケースにおいてはややメリットの方が上回っている現実を、その人気の様が表しています。

 

iphoneケース アルミ_3

 

iphoneケース アルミを選ぶ場合はデザインなどの他、それぞれのメリット、デメリットを知ったうえで購入する事が大切です。
まず、iphoneケース アルミのメリットと言えば、その高級感ですよね。シャープなデザインのものが多く、その上、劣化が少ない事も嬉しいメリットになっています。
見た目がしっかりしているので、重さがあるように思えますが、意外と軽いものが多く頑丈と言ったような点が、メリットになってきます。
その反面、デメリットも多いiphoneケース アルミ。まずは、その価格の高さ。一般のiPhoneケースなら2千円円ほどで購入する事ができるものがある中、アルミの場合は、その10倍、2万円もするようなケースまであり、非常に高級なiPhoneケースという事が言えます。
また、装着の際は道具がいるものが多く、シリコンタイプのiPhoneケースなどと比べると、少し面倒な所もあります。種類においても、多くはなって来たものの、それほど種類が多いという事は言えません。
そして、中には、電波干渉を起こす場合のケースまであり、購入する際には、必ず確認が必要になってきます。
このように、メリットもデメリットもあるアルミケース。しっかりと、両者を理解した上で購入する必要のあるiPhoneケースになっています。

 

iphoneケース アルミ_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です