ジュラルミンバンパー。その魅力について

ジュラルミンバンパー_1

 

iPhone用のバンパーは数多く発売されていますが、中でも人気なのが金属製のバンパーです。特に、ジュラルミンバンパーは非常に価値や人気が高く、今も多くのiPhoneユーザーが日常的に使用している商品です。
The Edge iPhone 6はジュラルミンバンパーとしての質が高く、かなり頑丈で見た目や手触りも高級感溢れる仕様になっています。男性だけではなく女性にも扱えてオシャレなところが受けていて、日常的なシーンにフィットするさりげなさや上品さも非常にクールなアイテムです。
ネジなしのジュラルミンバンパーも商品展開が活発です。SQUAIR Duralumin Bumper Quattroは超々ジュラルミンという材質を使用しており、強度も折り紙付きの仕様となっています。日本製ということも大きな特徴で、品質の高いパーツの組み合わせがこのケースの良さをさらに底上げしています。金属性のパーツを4つ組み合わせたシンプルな構成で、ネジがなく非常にスタイリッシュな見た目を演出。まさに最高級品のiPhone用ケースとなっています。継ぎ目が見えず、加工の技術も非常に高いので品質の良さが最大限に表現されているジュラルミンバンパーです。街中での注目度も抜群で、流行好きや目立ちたい人の願望をきっと叶えてくれます。

 

ジュラルミンバンパー_2

 

iPhoneを持つことはもはや日本人の当たり前のことなのかもしれません。その分、誰もかれもが持っていることからどうしても没個性的になりがちです。またアルミフレームは事あるごとに傷がつきやすく、いくらそれを踏まえたデザインだとはいえ、きっちり保護してやりたくなります。
そんな人々に支持されているのがジュラルミンバンパーです。iPhoneシリーズの中で、それぞれのモデルに最適化されたものが商品化されており、特にiPhone6用のエッジの効かせたデザインのものは高級感あふれる、一つのステータスのようなものになります。剛性の高いジュラルミンは様々な場面で活躍しますが、特に手に持つiPhoneに使用すると独特の光沢も相まってファッションアイテムとしても目立つ存在となります。男性的なイメージのある金属バンパーですが、その光沢のおかげで女性が持っていても違和感ないデザインにまとまっています。もちろん男性でもそのスッキリとまとまった一体感のあるジュラルミンバンパーは注目の的です。裸のまま使うことに抵抗感のある人に是非お勧めしたい一品として、ジュラルミンバンパーを挙げたいですね。値段は張りますがそれだけの価値がある一品となります。

 

ジュラルミンバンパー_3

 

ジュラルミンバンパーはその合成から人気の高いiPhoneケースの一つです。しかし金属、特にジュラルミンという航空機にも使うような素材を使う関係から、その固定に専用のネジを含む工具が必要だったり、せっかくのiPhoneのデザイン性の高さを邪魔するほどの厚みにしてしまうことが欠点でした。
しかし最新のiPhone6用のジュラルミンバンパーはそうした常識を覆す商品も出てきつつあります。まずiPhone本体との固定に樹脂を一部用いた構造を採用することで、ネジなどがなくなり、より一体性の高いデザインとなっています。ネジはうまくデザイン上隠せてもやはりふとした瞬間に目立つものです。それをなくした上にデザインも洗練されたことからより一層薄みが増すことになりました。それによりiPhoneのデザイン性の高さを損なわない薄さとジュラルミンバンパーの剛性の高さを両立することができるようになりました。
またその色味も魅力的です。iPhoneのアルミ削り出しのフレームはその色味も含めて魅力です。それと一体性のある色感を提供できるのはさすがジュラルミンといったところでしょうか。値段はその分3万円を定価で超えるなど持つのに高価すぎるところもありますが、その魅力は十分あります。

 

ジュラルミンバンパー_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です