iPhoneアルミバンパーケース、上手な買い方選び方

アルミバンパーケース_1

 

街や電車の中、どこでも見かけるiPhone。日本では、最も人気の高いスマホです。iPhoneは操作性がよく、多機能で楽しい便利なアプリも豊富ですが、操作性や性能が良くなるとともに、機種代金も高額になっていっています。一度、破損してしまうと修理に出す手間がかかったり、修理費用も高額になるので、最近ではiPhoneの保護ケースの需要も高まっていますね。特に、デザインが良く強度も高いアルミバンパーケースは人気です。
アルミバンパーケースは、メタリックで本体とすっきりマッチするのに、強度も高く軽量なのが人気の理由で、種々のメーカーから豊富なデザインが販売されています。アルミバンパーケースを選ぶときのポイントは、値段と操作性です。アルミバンパーは素材の性質上、電波干渉するので、電子マネーが使えないものもあります。またネジで固定するタイプのものは、液晶部分の保護フィルムがうまく合わずに、浮き上がってくるといったトラブルが発生することも。性能に比例して値段も高くなりますが、液晶部分の保護用鏡面シートとアルミバンパーが一体型になったものや、電子マネーなど電波干渉が起こらないタイプの製品もあります。またiPhoneの安全面が気になる人には、防水・防塵・耐衝撃にこだわったタイプもあります。自分の目的に合ったデザインを見つけてくださいね。

 

アルミバンパーケース_2

 

アルミバンパーケースは様々なタイプがありますので、スマホをどのように持つかによって選びたいと思います。スマホ用の小さなバッグに入れたまま持ち歩くことの多い人にはシンプルなアルミバンパーケースがお勧めです。全面を覆うタイプのカバーは、滑りが悪くなり出し入れし辛くなります。iphone自体の洗練されたデザインを損なうことなく側面を保護してくれます。ポケットにさらっと入れているという人には側面だけではなく背面にも透明カバーがついたタイプや、カメラのレンズ部分を保護してくれるタイプがお勧めです。ポケットの中はキーなどを一緒に持ち歩く場合にカバーのないiphone本体部分に傷を付けてしまうことが多いです。特にカメラのレンズは一旦傷がついてしまうと取り返しがつきません。着脱簡単な工具なしで付けられるバンパーもありますし、より強度を期待したい人には工具でがっちりと装着できるタイプがお勧めです。またシンプルなデザインのアルミバンパーケースにはもう飽きたという人には、側面にデザインが施された大人向けのデザインも多く販売されています。可愛いものが大好きな乙女心くすぐるスワロやクリスタルが側面を覆っているデザインのものなら、バンパーといえばいかつく男性向きというイメージを払拭してくれることでしょう。

 

アルミバンパーケース_3

 

アルミバンパーケースを選ぶならば、まずは握りやすいかどうかを考えてください。アルミはゴムなどの滑りづらい補強がされていないので、結構滑りやすくなります。バンパーによっては握りやすいように加工されている物もあるので、もし握りやすいものを選ぶなら、少しだけくぼみのあるものを選んでください。これなら握りやすくなりますし、滑って落としたとしても壊れにくくなります。
次にアルミバンパーケースの取り付け方を見ていきます。基本的にアルミバンパーであれば、ネジを回して取り付けることが多いので、細かい作業が苦手な方には結構苦労します。どうしても簡単に取り付けたいのであれば、はめ込み型のバンパーを購入してください。説明を見ればどのような取り付け方法をするのかは書かれているので、自分が簡単だと思っている方を選べばいいです。
後はデザインを中心に考えていけば、いいアルミバンパーケースを購入することができます。まずは握りやすくて機能性の高いバンパーかを見て、次に取り付け方法さえ確認しておけば、失敗するようなことはまずありません。もしより高い補強効果を狙いたい場合や、軽い素材を希望しているのであれば、ジュラルミンなどの高価なバンパーも検討する対象になります。

 

アルミバンパーケース_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です