最強保護 アイフォン6プラスカバー 紹介

アイフォン6プラスカバー_2

アイフォン6プラスにカバーを着けたいと考えている人は他のスマートフォンと比べても多いでしょう。その理由は1,920×1,080の5.5インチというスマートフォンにしては大画面となるディスプレイサイズによるところが大きいです。ディスプレイサイズや重量が大きくなれば落下や破損のリスクも増えるので万全なケースを着けて最強保護を求めるユーザーも多くいるのです。そんなユーザーたちにお勧めなのが、IPHONE6 PLUS BODY GLOVE DROPSUIT RUGGED SERIES CASEです。この製品はアメリカのBody Glove Mobileという企業が考案したiphoneケースでソフトプラスチック素材の重厚感ある仕上がりになっており、その耐衝撃の性能を売りにしているiphoneケースです。その他のアイフォン6プラスカバーではGriffin Technology iPhone 6 Plusというケースで、こちらも同じくアメリカ製のiphoneケースです。防塵や防滴を兼ねそろえた構造はもちろん耐落下衝撃も1.8mという強度を誇るケースです。素材についてはポリカーボネートとシリコン、PETの液晶フィルムを加えて3層構造の強度を売りにしています。衝撃を吸収し易いシリコンは手に触れたときの使用感も良いので、ユーザーには非常に人気があります。アイフォン6プラスカバーは強度が最優先でデザインは2の次のような印象を持たれやすいですが、デザイン性の高いものも多く販売されているのでアイフォン6プラスカバーを探している人はいろいろ探してみましょう。

アイフォン6プラスカバー_2

最強クラスの防御を持っているカバーを利用すると、端末はどのような状態でも守られることになります。これを実現しているのが、UAGのアイフォン6プラスカバーです。このカバーは海外で結構利用されているタイプであり、落としてもびくともしないと言われている程のカバーです。アルミを利用しているわけでもないのに、アルミバンパーのような硬さを前面に実現し、あらゆる衝撃をカバーしてくれます。
この商品が優れている理由は、カバーの構築と利用している素材にあります。カバーは衝撃を吸収しやすいフォルムとなっており、落としたとしても同じように衝撃が分散します。アイフォン6プラスカバーとしても使いやすいもので、取りつけておけばほぼ破損からは免れます。唯一の問題点は、偽物が多数流通しており、本物とは比べ物にならないくらい貧弱なものが存在することです。
もう1つアイフォン6プラスカバーで防御力が高いのは、メーカーこそわかりませんが、防水機能を持っているケースです。このケースはサイトに持ち手のような部分が付いており、割と持ちやすくなっています。さらに落としても問題のない素材を採用して、なお且つ防水機能を兼ね備えた最高クラスのカバーです。ただメーカーが無名なので、流通量がやや少ないのが欠点です。

アイフォン6プラスカバー_3

アイフォン6プラスが発売されて以来、今までのアイフォンの中で一番大きいデザインになりました。大きい画面では様々な作業が効率的にできるようになるので、手放せない方も多いのでは。
そんなアイフォン6プラスですが、アイフォン5などと比べても曲がりやすいという話があるので、耐久性に不安を感じている方が多いようです。
耐久性に不安がない場合でも、さまざまな情報が入っているアイフォン6プラスは大切なものなので、しっかりと保護できるようにしましょう。
そこで、さまざまな衝撃に耐えることのできるアイフォン6プラスカバーを利用するのはどうでしょうか。
アイフォン6プラスカバーはいろいろなタイプのカバーがありますが、さまざまな衝撃に耐えれる強度や耐久性を持ったカバーを選ぶことが大事です。
少し前は耐久性を追求すると、ケース自体が大きくなり、アイフォンの薄さを犠牲にしてしまう商品が多くありましたが、最近のケースでは、強度や耐久性を残しながら、薄いデザインを実現しているケースが増えています。またアイフォンにはない防水や防塵を実現できるタイプのケースもあり、どんな環境でもアイフォン6プラスを守ることができるようになっているので、最強保護のアイフォン6プラスカバーを選ぶ場合にはおすすめです。

アイフォン6プラスカバー_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です