iPhone カバーと保護シートの組み合わせ

i phone カバー_1

 

i phone カバーだけでは全てを守ることができず、液晶部分にもしっかりした保護シートを付けなければなりません。一見するとただのシートをつけておけばいいと思っている方もいますが、実際にはただのシートでは液晶が割れてしまうことも多くなります。ここで紹介したいのは、確実に割れないようにする最強の組み合わせで、多少重くなるのを覚悟した上での組み合わせとなります。
i phone カバーは強度の部分で定評のあるSpigenを利用します。Spigenは非常に高い強度を持っているだけでなく、裏面に工夫をしており、端末に衝撃が加わりにくくしているのです。カバーなどにアルミバンパーのような見た目も人気であり、このカバーなら破損する可能性はかなり低くなります。国産のメーカーで、偽物がそこまで出回っていないのも安心できるポイントです。
保護シートですが、Spigenにも置いてある保護シートを利用します。これは液晶部分に、プラスチック系のシートを張る方法です。普通のシートだと液晶に薄い膜が存在しているだけなので、守ることは殆どできません。しかしプラスチックのシートを張っておけば、液晶から落ちた場合でもプラスチックが割れて、液晶に傷が入ることはありません。この組み合わせは最強で、i phone カバーだけで守れない部分も守れます。

 

i phone カバー_2

 

i phone カバー は、i phone を使う上で絶対に欠かすことのできない商品です。i phone の表面は非常にキレイです。うっとりするようなデザイン性があります。
しかし、それが携帯として使いやすいかと言えばそうではなくて、
すぐにそのままで使用していては傷がつきそうです。
ツルッとした触り心地なので、落としやすそうでもあります。
なので、i phone カバー が必要なのです。
i phone カバー と言ってもいろんな種類があります。
透明な i phone が透けて見えるタイプのシンプルな物から、システム手帳のように蓋がしめられる物、ふわふわモコモコの着ぐるみみたいな物まであります。
i phone カバーも必需品なのですが、それと同時に画面に保護シートを貼り付ければ、大切な i phone をしっかりと守れます。
i phone は 小型のパソコンみたいな物なので、シンプルなカバーより、手帳型のカバーの方がより安心に i phone を守れます。
なかなか丁寧に扱えないと思う方は全体を覆える i phone カバーを購入された方がいいですね。
今は i phone カバーだけを取り扱っているお店もあるくらいです。
膨大な数の種類があるので迷うほどです。
自分の性格にも合った i phone カバーを見つけてキレイな外観をまもり、使っていきたいものですね。

 

i phone カバー_3

 

強度を再重視してi phone カバーを選ぶなら、ジュラルミン製のバンパータイプi phone カバーと液晶画面を保護するための強化ガラス製保護シートとの組み合わせがおすすめです。
iPhoneの故障で最も多いのは、液晶画面が割れたりヒビが入ったり、と液晶画面の破損です。液晶画面の破損は、アップル社の補償対象外の故障箇所になるので、破損した時の修理費用は自己負担になり、修理店によって値段に多少の差異はありますが、修理費用も2万円から3万円程度かかるようです。
液晶画面が破損してしまうと、修理しないと使用できなくなるので、液晶部分の保護はしっかりしておきたいですね。今、強度面でも操作性の面においても、最も性能が高い保護シートは化学強化ガラスで作られた保護シートです。化学強化ガラスは、強度が非常に高くて、衝撃だけでなく、カッターで切りつけても傷がつかないほど、傷もつきにくいというのが特徴です。また密着性にも優れていて、自己吸着するので、気泡が入らず、シートのズレも起こりません。操作性も非常に良くタッチの反応も問題なし。値段が2,000円から3,000円程度するようですが、本体の液晶画面の強度と故障リスクを考えると、購入をおすすめするアイテムです。この強化ガラス保護シートとともに、同じく軽量で衝撃に強く、かつ薄くてデザインも良い、ジュラルミン製のi phone カバーの組み合わせが、最強の組み合わせですね。

 

i phone カバー_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です