話題のアイフォン6カバー紹介

アイホン6カバー_1

 

アイホン6カバーは、これまでのシリーズのカバーよりもラインナップ数も多く、多様なバリエーションがあります。アイホンの薄型化、軽量化によって、カバーの需要も増えているようです。今、話題のアイホン6カバーをいくつかご紹介します。
さらに薄くなったiPhone6。スッキリ収納できるので、手帳型のアイホン6カバーが人気です。ファッションブランドもこぞってカバー・ケースをリリースしているので、ラインナップも豊富です。やはりラグジュアリー感があって、デザイン性も高いのが人気の理由です。シャネル、エルメス、グッチなどの高級ブランドはもちろん、日本のアパレルブランドのケースもいっぱい。BEAMSやEGOIST、INGNI、JOURNAL STANDARDなどお気に入りのファッションとのコーディネートを楽しめます。
また手帳型はちょっと…という方には、バンパータイプのアイホン6カバーも人気です。バンパータイプの魅力は、本体のメタリックでデザイン性の高い魅力をそのままに、保護できるというところです。少し値段は高めですが、本体のフレームと総素材の超ジュラルミンのバンパーが耐衝撃性も高く、薄いすっきりしたデザインで人気です。
またアイホン6カバーとともに、液晶画面を保護するための極薄の強化ガラスフィルムも人気のアイテムですよ。

 

アイホン6カバー_2

 
アイホン6カバーとして最近話題になっているのは、Spigenのタフアーマーです。このカバーはとにかく強固なバリアを持っていることで知られ、端末を守る効果が非常に強くなっています。端末自体が薄くなったことにより、非常に壊れやすくなってしまったのも事実ですから、より強固なカバーをつけて上げることが必要だと思われています。
やや重量が増えてしまう問題はありますが、以前までのアイホンを利用している方であれば、特に気になるような数字ではありません。アイホン6カバーとしてはとにかく頑丈で、落とした所で端末に傷が付くことはありません。全体的に守れるようにしているのがいい所で、液晶部分から落ちない限り、早々割れたり傷が付くということはありません。値段もそこまで高く無いですし、カードを乗せればスタンどのように使える所が話題になっています。
アイホン6カバーは必要なものとなっていますが、ある程度固い素材で作られている物で無いと、端末の破損確率はかなり高くなってしまいます。そこでタフアーマーのようなカバーを取りつけて、薄いものをやや厚くしてでも、強固な壁を作っている方います。カバーの機能性を重視する意味で、話題となっているケースです。

 

アイホン6カバー_3

 

アイホン6カバーには、人気のあるカバーにある程度特徴があります。
アイホン6は、他のモデルよりも大きいという特徴があるせいか、アイホン6カバーには手帳タイプのモデルが充実してます。これまでより大きくなったとしても、手帳カバーにしておけば、サイズが一定の感覚で扱えるからでしょうか。
手帳タイプは、通常、女性に人気があります。男性と違って、財布や携帯をバッグに入れて持ち運ぶ人が多いことがあるからでしょう。ですがアイホン6カバーは、男性においても、手帳タイプの人気があります。それほど大きさによって、カバーの人気に差が出るのかもしれません。また、手帳というだけで、革製だったり、布製だったり、素材から柄から色々と楽しめるということもあります。特に柄は、シックなものからディズニーキャラクターなど自由度が高いです。もちろん、男性に好まれるメタリックなタイプは同様に人気がありますが。
他には、薄いものも人気があります。大きくなってしまったサイズを少しでも小さく感じられるように、ということでしょう。カバーさえ大きいと感じているのか、保護フィルムの人気も高まっています。はさみで表面をなぞっても傷がつかないようなしっかりとしたタイプのものです。

 

アイホン6カバー_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です