アイフォン6 ケース 衝撃に耐えられる?

20141210_am08-pink_morita

アイフォン6 ケース は衝撃に耐えられるでしょうか?
アイフォンを持ち歩いていると、不覚にも落としてしまったり衝撃を受ける機会はあるので、衝撃に耐えられるのかが気になるところですよね。
アイフォン6 ケース 衝撃に耐えられるケースはたくさん販売されています。
特におススメなのがCatalyst 完全防水ケースです。
このケースは2mの高さから落ちてしまってもしっかりアイフォンを守ってくれるという素晴らしいケースです。さらに衝撃だけでなく5mまでの深さでもアイフォンを使うことができてしまうのです。これはアイフォン6 ケース 衝撃に耐えられるケースの中でも特に強くて防水性のあるケースになります。このケースがあればプールやお風呂、そしてアウトドアの時などにも安心してアイフォンを持っていくことができます。
このCatalyst 完全防水ケースはホワイトグリーン、ブラック、ホワイト、マルサラ、ブラックオレンジの5色が販売されています。友人がこのケースを使っていますが、本当に丈夫で素晴らしいと大絶賛して重宝していると言っていました。アイフォン6 ケース 衝撃に耐えられるケースを探している方はぜひこのCatalyst 完全防水ケースを検討してみることをお勧めします。

20141210_am08-red_morita

アイフォン6は高価であるので、普段使いの中でも故障は避けたいものですが、何気なく使っている間に衝撃を与えてしまう事も多々あります。そういった何気ない衝撃からアイフォンを守るのがケースですが、衝撃に対してどれほど耐えられるのか分からないものです。

アイフォン6 ケース 衝撃に対する強さはケースによって違います。その為に使用環境と今までどういった衝撃を与えていたかを考えてそれを守るものにしていかなければいけません。アイフォン6 ケース 衝撃で耐えられるものとしている物は、ケースによって身長くらいの高さから落下した場合でも損傷などはないものもあります。この場合に衝撃に対して弱いのは側面からの落下でありますが、ケースによってはそれを守る事ができている事もあるのでケースを付けていれば何気ない衝撃にも耐える事ができます。これくらい衝撃に対して耐えられるのであれば、普段使っていてもふいにぶつけてしまったりしても問題なく使用ができます。これは過酷な現場でも普段通り使う事ができますし、使わない状態でもポケットに入れた状態であっても気にすることなく持ち続ける事が可能になっています。

しかしそれでもアイフォン6 ケース 衝撃に耐えられるものは限られているので、機能性などの確認をしておく事が重要です。

20141210_am08-turquoise_morita

アイフォン6 ケース 衝撃に耐えられる?アイフォン6 ケース 衝撃に強いタイプのケースがあります。いわゆる「タフネス」というタイプのケースです。catalyst のアイフォン6用ケースは、5m完全防水で、防塵もしてくれる耐衝撃ケースなのです。でも少しお高いケースです。アイフォン6 ケース 衝撃に強いものでいうと、Spigen にもありますよ。スタンド機能がついているタフ・アーマーSです。マスターマインドは、mtmd decolor tpuハードシリコンです。アイフォン6用のはまだないのかもしれません。さらさらタイプというのがよいのですが。アイフォン6 ケース 衝撃に強いものとしては、ブランド名からもそれを感じることができるのが、URBAN ARMOR GEARです。LIFEPROOFにもありますよ。これは、防水防塵耐衝撃ケースです。耐衝撃やタフネスというのは、いったいどれくらいの衝撃に耐えられるのでしょう。2メートルの高さから落としてもアイフォンを保護してくれるということであれば、普通の身長の人なら大丈夫ということになりますね。上の高く投げ上げてということだとダメってことになるのですね。ビルとかから落とすのは無理ということです。そこまでの衝撃に耐えられるケースがあるものなのでしょうか。

20141210_am08-white_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です