携帯 ソフトケース 素材比較

iphone ソフトケース 素材_1

iphone ソフトケース 素材として使われているのは主に2種類となります。基本はシリコンとTPUのどちらかが利用されており、これ以外の素材を使っている物は滅多にありません。高いものはシリコンが、安いものにはTPUを利用している物が多く、どちらかと言えばTPUの方が安い費用で提供されています。手軽に購入するならTPUを、本格的なものならシリコンを購入するといいです。
シリコンは手触りの良さが一番の特徴であり、衝撃の吸収力もそれなりにあります。滑りづらい素材を利用しているので、なかなか落とすことはありません。しかしデメリットとして、ほこりがとにかく付きやすい素材であり、落とすのにかなり苦労します。毎日のようにほこりだらけになってしまう可能性があり、利用しているとどんどんシリコンが劣化して、破れてしまうことがあります。また厚くなりやすい部分もあります。
一方でiphone ソフトケース 素材として幅広く使われているTPUは、厚みを薄くして吸着力を無くしている素材です。塩化ビニール製の製品とよく似た手触りを持っており、シリコンより触り心地はよくありません。ただiphone ソフトケース 素材として使われることが多くなり、プリント等もしやすいことから、最近では多くの商品に利用されています。

 

 

iphone ソフトケース 素材_2

 

iphone ソフトケース 素材は豊富に取り揃えられているのです。
その中から自分のライフスタイルに合わせて選んでいくのが素材を選ぶ方法になっています。

プラスチック系素材を使った固めのケースで、ポリカーボネートというものがあります。
薄くて軽く、耐久性に優れていて衝撃にも強く、スマートフォンにもすごくフィットしているので、スマートフォンの衝撃から守ってくれます。
カラーバリエーションやデザインもすごく豊富なので、自分だけのスマートフォンを演出してくれることでしょう。

iphone ソフトケース 素材には、落とす心配のないゴム系のシリコンもあります。
手になじみやすくて使いやすく、クッション性もあるので、破損する心配もありません。
ケースにほこりがつきやすく、かばんの中から取り出しにくいところが欠点となりますが、シリコン素材のスマホケースもすごく個性的な演出をしてくれます。

iphone ソフトケース 素材でさらにお勧めな素材がTPUという素材です。
シリコンに似た柔軟性とプラスチックの強度を掛け合わせたいいとこ取りの素材で作られています。
機能性には優れていますが、デザイン性は種類が少なく、シンプルなものが多いのも特徴です。
シンプルな素材が好きな人にはすごくお勧めの商品です。

 

iphone ソフトケース 素材_3

 

iphoneを保護するケースはいろいろなものがあります。ですが、硬いケースですと脱着しているときに傷がついたり、あるいは柔らかい方が衝撃を吸収してくれるなど、ソフトケースにも人気があります。
iphone ソフトケース 素材にも種類があります。一番メジャーなのはシリコン樹脂で作られたシリコンケースです。柔らかく自由に変形するので脱着もかんたんで、価格も手頃なのでiphone購入と同時に買いやすいということもあります。手にしっかりとなじむのでグリップ力が上がって本体を扱いやすくなりますが、そのためにホコリがつきやすくなるデメリットもあります。
iphone ソフトケース 素材には他にもあって、通称TPUというポリウレタンをつかったものもあります。シリコンよりもしっかりしていて、プラスチックよりも柔らかいという中間的な素材です。そのためあまり形も変わらずホコリなどの吸着力も弱いですが、グリップ力の増加もそれほどでもありません。シリコンのメリットとデメリットを薄めたような素材です。
iphone ソフトケース 素材としては、純粋にはケースではありませんが、シールを使うという方法もあります。厚みのある、背面と側面を覆うシールで保護することで衝撃から本体を守ります。画面に貼る保護シールと併用すれば、ほとんど厚みを出さずに、多少耐久力を上げることができます。シールは色やデザインの種類が豊富なんが特徴です。

 

iphone ソフトケース 素材_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です