iphone シリコンケースのメリットデメリット

iphone シリコンケース_1

 

優しく保護ができる点で魅力を持っているiphone シリコンケースですが、大きなメリットとしては、フィットしやすいという部分があります。シリコンは手触りの良さが人気となっていますが、これはケースでも変わらないことです。触った時の感触がハードケースよりもよく、しかもグリップしやすいために落としづらくなります。シリコンなら濡れている状態でも滑って落とすことは少なくなります。
一方でiphone シリコンケースは衝撃を吸収する力がハードケースよりも弱く、あまり厚い素材で作られていないため、壊れやすいデメリットがあります。仮に端末に影響が出なかったとしても、シリコンケース自体が破れるトラブルは多くあり、安心できるケースとは決して言えません。衝撃の吸収能力自体はかなり高いものがあるのですが、薄く作る傾向があるため、どうしても落とした時に耐えてくれないことが多いのです。
見た目は綺麗で、しかも手触りの良さで人気があるiphone シリコンケースですが、落とした時は側面を中心に破れやすい問題があるため、迂闊に落とさないようにしてください。中にはかなり厚く作られているケースもありますが、その場合は持ちづらさが出るので、結局薄いタイプのケースが多くなってしまいます。

 

iphone シリコンケース_2

 

iphone シリコンケースは、その価格帯の安さも魅力ですよね。相変わらずのクリアケース人気もさることながら、デザインが豊富で、どんな色にも形にもできるiphone シリコンケースは、その遊び心とデザインの幅広さを楽しむ方にも選ばれています。手触りが柔らかく、気軽に選べるのもiphone シリコンケースの魅力ですが、シリコンケースにもメリットとデメリットがあります。
シリコンケースを好む方は、その手触りを好む方が多いのではないでしょうか。シリコンケースはグリップ感をしっかりと感じられる落としにくい素材です。柔らかいその素材は、衝撃の吸収力にも優れていて、意外にも傷も付きにくく割れにくいとも言われています。
しかし、この手触りを好まない方も多いです。手に吸い付くような質感ですが、長く使っているとゴミが付きやすくなる、滑りが悪くバックへの出し入れがしにくいという声も多く聞かれます。実際、シリコンは長く使うと手に張り付くような感触になります。
ただ、この手触りが気にならない方はには、シリコンは冬でも冷たさを感じることがなく、着脱も簡単で喜ばれています。さらにシリコンのメリットは、そのデザインの豊富さでしょう。色・柄・造形と最も自由がきき、面白いデザインや個性的なデザインが豊富です。シリコンのデメリットを考慮しても、そのケースの遊び心からシリコンケースを選ぶ方も多いですね。

 

iphone シリコンケース_3

 

iphoneを使っている人でケースを使わない人もいるでしょうが、殆どの人がケースを使っていると思います。
その中でもiphone シリコンケースを使っている人、若しくはこれから使おうと思っている人にメリットとデメリットを紹介したいと思います。
まずiphone シリコンケースのメリットですが、一番は衝撃吸収性に優れている点です。この点だけでもiphone シリコンケースを選択する理由になるほどです。
それ以外にグリップ力がある、比較的安い、色が豊富にある、装着脱着がしやすい等あります。
iphone シリコンケースのデメリットは、長期利用によっての劣化が激しい事です。装着脱着がしやすいですが、繰り返していると伸びてきてゆるゆるになります。
グリップ力が強いのでゴミや埃がつきやすくて、見た目が汚くなりやすいです。さらに見た目で言うと長く使うと色によっては黄ばみが目立ってきます。
しかし、これらのデメリットは価格が安いので、汚くなってきたらすぐに買い換える事で解決出来ます。
iphone シリコンケースのデメリットで一番問題なのは放熱です。iphoneに限らずスマートフォン全体にいえますが、ケースは放熱を阻害します。
iphoneを長時間連続使用する人はiphone シリコンケースは止めた方がよいと思います。

 

iphone シリコンケース_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です