モバイル ハードケース シリコン 比較

iphone ハードケース シリコン_1

 

iphoneには色々なメーカーから様々な種類のケースが販売されています。その中でも人気を二分しているのがハードケースとシリコンケースの2種類のケースです。この2つには大きな違いがあるため、iphone ハードケース シリコンを選ぶ際にはその特性をしっかりと理解したうえで、ケースを選ぶ必要があります。
まずハードケースの特徴は、本体を硬い材質の硬化プラスチックなどで作っているため、薄くて丈夫という特徴があります。表面に柄なども入れやすく、デザインも非常に豊富だと言えます。iphoneに取り付けてもそれほど本体が大きくならないため、使いやすさを損なわないと言うメリットがあります。しかしプラスチックのような素材のため、どうしても滑りやすいですし、一度装着してしまうとなかなか外せないというデメリットも存在しています。
一方のシリコンケースはシリコン製のため、非常に柔らかくiphoneへの装着も取り外しも楽だという特徴があります。シリコンのため手にフィットして滑りにくいと言うメリットもあるため、安定して持つことが出来る点ではハードケース以上の安心感があるのではないでしょうか。しかしデメリットも存在しており、埃が非常につきやすい、短期間でケース自体が伸びてくる、ポケット内に引っ掛かって取り出しにくいという点は材質上仕方がないのかもしれません。デザインや色がある程度固定されてしまうのもシリコンケースのデメリットでしょう。
iphone ハードケース シリコンにはそれぞれ一長一短ありますから、使いやすさやデザインで自分が欲しいiphone ハードケース シリコンを選ぶと良いでしょう。

 

iphone ハードケース シリコン_2

 

カバーを付けることを考えると、iphone ハードケース シリコンのどちらを選ぶかは重要となってきます。ハードケースは衝撃を吸収しやすく、しかも端末を守りやすいメリットがあります。しかしシリコンケースと違い、重さがかなり増えてしまう問題があり、しかも滑りやすいです。安全に利用することを考えて作られているのに、落としやすいのはちょっとした問題となります。
一方iphone ハードケース シリコンタイプの場合、基本的に滑ることは一切なく、手に持った時の感じが結構いいです。シリコンは薄い素材で作られることもあり、厚みが増えてしまうようなこともありません。しかし耐久性があまり高くないため、年数を重ねるとシリコンケースは傷が付き、どんどん破れてしまうのです。落としただけでケースが破損することもあり、シリコンタイプは耐久性には乏しい所があります。
どちらを選ぶのかはよく考えるべきですが、iphone ハードケース シリコンにはどちらもメリットとデメリットがあり、値段にも結構影響が出てきます。ハードケースは割と作りやすいため、値段も安く抑えられる傾向があります。一方でシリコンケースは高くなることが多く、安いものは殆どありません。こうした違いもあるので、選ぶ際は様々な部分の比較をしてください。

 

iphone ハードケース シリコン_3

 

iphone ハードケース シリコンのそれぞれの長所と短所を比較してみましょう。
まずiphone ハードケース シリコンでハードケースの方の長所は素材であるポリカーボネイトが軽いことで、iphoneの利点の1つである「軽さ」を損なわないというところです。また、形状が大きくなりにくいところもポイントで、やはりiphoneのデザインを損ないません。プラスチック製であり、表面に着色しやすいため、アニメなどの絵が入ったものや柄の入ったものも多いです。ただし、機械特性として衝撃吸収性に乏しく、落とした時の損傷は免れにくいところがあります。
一方iphone ハードケース シリコンでシリコンケースの方はその衝撃吸収性に富み、落下しても当たり所が悪くなければ損傷は抑えられます。また素材自体がふにふにとしたものが多く、手触りの良さという点でもシリコンケースに勝ります。ハードケースに比べて加工性に富むので、様々なデザインのものがあります。シリコンケースに比べると表面に絵がかいてあるというよりは、ケースの形自体が凝ったデザインのものが多い印象があります。ただし、薄くて軽いというiphoneのデザインの洗練性が失われてしまうことと、シリコンにはツヤが出ないため、人によってはチープな印象を与えてしまいます。

 

iphone ハードケース シリコン_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です