高機能アイフォン クリアケースまとめ

iphone クリアケース_1

 

iphone クリアケースは、素材によって特徴があります。クリアケースの人気の素材は主に、シリコン、TPU、ポリカーボネートです。
シリコンはソフトなケース、TPUは中間で柔軟ながらも強度も重視したタイプ、ポリカーボネートはハードタイプのケースです。シリコンはソフトでありながら、衝撃吸収に優れており、ボリカーボネートは衝撃吸収面では劣りますが、傷がつきにくく強い素材になっています。手触りも違いますので、それぞれの特徴をよく踏まえてiphone クリアケースを選びたいですね。
それでは話題の高機能iphone クリアケースを紹介したいと思います。人気の定番商品であるSpigenの「シン・フィット」は、その薄さと軽さで人気です。素材はポリカーボネートで、耐衝撃性に優れています。傷がつきにくく、透明感が魅力のクリアケースです。同じくSpigenの「ウルトラ・ハイブリット」は、側面も覆ってくれるケースです。まさにバンパーが一体になったようなケースで、シン・フィットは滑らかさ、ウルトラ・ハイブリットは側面の強度が増したところが特徴です。
TPU素材で厚さ0.3㎜と薄さを誇るのが「Orange Line」です。TPUの特徴である、グリップ感を感じられるのが魅力のケースとなっています。それぞれの特徴を掴んでお気に入りのクリアケースを見つけたいですね。

 

iphone クリアケース_2

 

人気が高く、多数出回っておりシンプルで、どれもこれも似たように思えるiphone クリアケース。ところが良く見てみると、他とはちょっと違った技アリ高機能なものが潜んでいることがあるのです。ご存知でしたか?
iphone クリアケースのうち硬いものは一般に、汗をかいたり濡れた手で触ると、滑りやすかったりします。ところが表面がメッシュ加工されているiphone クリアケースも販売されており、滑りにくいと好評です。高機能ですね。メッシュだとデザイン性が強く無地になりがちですが、梨地加工などしているものはプリントもできるのではないでしょうか。
ストラップが付けられる仕様になっているiphone クリアケースもあります。これも滑落防止の意図になるし、懐かしいですよね。ちょっとしたことですがこれで手が滑ってガチャンと落としてしまうのを防げるわけですから、これも高機能と言えば高機能です。
ポーチではなく、着脱簡単な防水・防塵用のiphone クリアケースもあります。ケースの下からiphone 本体を差し込んで固定するだけで使えます。カッチリしたウォータープルーフ、いいですね。
極めつけは、電子マネーカードやIC乗車券などが収納できるカードホルダーが背面についているiphone クリアケース。これは便利です。ある意味おさいふケータイに似た使用感で使えるので、コンビニで小銭を出さずにスマートにお買い物ができますね。
機能性の高いケースと言えば手帳型ですが、iphone クリアケースにも高機能なものはあるのです。そしてこれからはiphone クリアケースも、高機能なものが増えて行くのではないでしょうか。

 

iphone クリアケース_3

 

iphone クリアケースは端末の色をしっかり出せることで人気があるものの、すぐに壊れてしまう問題があります。PATCHWORKSが製造しているクリアカバーは、比較的高機能を持っており、割れにくい素材で作られています。従来までのプラスチックとは別の素材を利用して、傷や割れ等が起こりづらくなっているのです。守るという部分で高機能を持っているケースと言えます。
またiphone クリアケースとしてmotomoが結構有名になっていますが、このケースも高機能となっています。透き通るような程の綺麗なケースとなっており、素材はハードタイプが採用されています。硬いのであまり割れることが無く、傷も付きにくいです。何よりも多くの端末に対応しているため、過去の機種でも利用出来る製品があります。結構安く販売されているのも大きな利点です。
柔らかめの素材を希望しているのであれば、Highend Berryのiphone クリアケースがお薦めです。このケースはTPUを採用しており、柔らかい素材で作られています。衝撃の吸収能力だけでなく、手触りがいいので使いやすいです。ストラップホール等もあり、カメラの邪魔にならないような構成をしているので、カメラを頻繁に利用する方には使いやすいです。

 

iphone クリアケース_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です