iPhone 6s バンパー 素材の種類の違いについて

20141009_TheDimple-Front-black_morita

iPhoneを保護するバンパーの素材には幾つかの種類があることはご存知かと思いますが、発売が決定しているiphone6s バンパー 種類も複数の素材が用いられることでしょう。現行のバンパーでよく使用されている素材としてはプラスチックやアルミそしてラバーがありますが、ラバーは組み合わせて使用されるケースが多くなっています。
プラスチック素材バンパーのメリットは安さと軽さで、手頃な価格で購入できるというのが他の素材との差別化になっています。iphone6s バンパー 種類でもプラスチック素材が一番多く出まわると予想されていますので、プラスチック素材オンリーのバンパーやそれにラバーを覆ったタイプの売上はかなりの物になると予想できます。
またアルミタイプのバンパーの良さといえば保護性能が高いという点で、更にクールな印象を持たせたい方にもピッタリなスタイリッシュバンパーと言えます。こちらもラバーと組み合わせた商品が現行でも多いですので、iphone6s バンパー 種類別人気でもランク上位に来ることが想像できます。
アイフォンバンパーの素材は他にもアルミ合金であるジュラルミン製など色々ありますが、素材に拘ってバンパーを選ぶというのもアリではないかと思います。

20141009_TheDimple-back-gold_morita

iphone6sを使用するときは、出来るだけバンパーを装着するようにしましょう。バンパーを装着する意味は、耐久力を高めるためとデザインを良くするという2つの理由があります。バンパーを装着していない状態でiphone6sを落としてしまうと、液晶が面が割れてしまったりすることがあります。また、バンパーがないとiphone6sの見た目も悪くなってしまうので、オシャレな雰囲気になりません。iphone6s バンパー 種類は、まずはプラスチックやラバーがあります。この素材の特徴はとても安く購入することが出来るということです。ラバーは多少の伸縮性がありますので、ihpone6sに装着しやすいのもメリットです。iphone6s バンパー 種類の中でも、耐久力に優れているのがアルミのバンパーです。アルミのバンパーは、金属特有の高級感を出してくれます。また、雰囲気的に機械との相性も抜群に良いので、ファッション的には素晴らしいバンパーの素材です。高級感にさらにこだわりたいときのiphone6s バンパー 種類はジュラルミンです。ジュラルミンケースという商品があるように、耐久力も非常にすぐれています。ジュラルミンのデメリットは、高級感や耐久力は素晴らしいのですが多少価格が高くなることです。

20141008_TheDimple-black01_morita

iphone6s バンパー 種類としては、素材で結構変わってくることとなります。定番となっているのがプラスチック製であり、主にTPUという素材が利用されています。ある程度衝撃を吸収しやすいタイプに仕上がっており、それなのに硬さがしっかりしている特徴を持っています。値段が安いために多くのケースに採用されているので、かなり親しまれているタイプでもあります。
一方でもっといいものを手に入れたい場合は、アルミ製を採用することとなります。iphone6s バンパー 種類としては結構知られつつあるタイプで、アルミによって頑丈に補強して、端末を守ることが出来るようになっています。アルミは電波を遮断する問題がありますので、利用する場合は対策が施されているものを利用した方がいいです。頑丈さはTPUよりもありますが、値段はかなり高くなりやすいです。
iphone6s バンパー 種類としてもう1つ上げられるのが、ジュラルミンのバンパーです。アルミとはちょっと違うタイプであり、合金として使われている素材です。このバンパーはかなり硬くなりますし、なかなか壊れることがありません。そして重さが軽くなっている所が優れており、非常に扱いやすいように作られています。

20141008_TheDimple-gold01_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です