おもしろ iPhoneケース の素材について。

AMMSC600_YLW_03_COMULA

iphoneケース おもしろ 素材は何が利用されているのか気になる所です。もしかしたらケースのガードにすら使えないような素材が使われているのではないかと思われますが、実際にはそのようなことはありません。基本的にケースにはめ込む部分はプラスチックやアルミが利用されているので、落とした時に破損するような状態にはならないのです。
ただ普段利用されていないような、iphoneケース おもしろ 素材が使われているケースも多数あります。その1つがウレタンです。一般的にはこうした素材が利用されることは滅多にありませんが、面白いケースには利用されることがあります。これを利用して柔らかい感じを出すことによって、自然に触り心地をよくして、面白い形を作り上げることが出来るのです。これが大きなメリットになっており、更に面白いケースを作り上げています。
一見するとiphoneケース おもしろ 素材というのは、あまりよくないものをたくさん使っているのではないかと気になる所です。しかし実際にはそのようなことが殆ど無く、しっかりした素材を有効に利用しています。柔らかい素材を利用しているのが面白いタイプの特徴であり、結構触り心地はよくなっているので使いやすいです。

AMMSC600_RED_01

iphoneケース おもしろ 素材で何か思いつくものはありますか?
iphoneのケースというと、大体普通思いつくのが三種類くらいでしょうか。
アルミとシリコン、それからTPU素材かなと思います。

ですが、iphoneケース おもしろ 素材というとまったく思いつかない人がほとんどではないでしょうか。
iphoneケース おもしろ 素材の物を使っている人ってあまりいませんものね。

私が知っているおもしろ素材は紙です。
これは一部ではかなりメジャーなので持っている人も多いと思います。
持っている人が多いという事は目にしている人も多いのですが、紙のケースと聞いてあぁあれかとなる人はそんなに多くはないんじゃないでしょうか。
何故かというと、紙には見えないからです。

SIWA・紙和 iPhoneケースなどが紙ケースなのですが、これ一見紙とはわかりません。
布や革のようにも見えますので、安っぽさはまったくありません。
耐久性にも優れていて、水に濡れても簡単に破れるなんて事はありません。
長く使っていても汚らしくなることもなく、革製品のように味のあるルックスになります。
紙ならでは軽さ、手触りは他では絶対に出せませんので、普通のiphoneケースに飽きたという人はぜひ購入してみてください。

ちなみに、和紙でできたiphoneケースは他にもまだありますので、興味がある人は検索してみてください。

AMMSC600_ORN_02+COMULA

iphoneケースは様々な素材でできたものがあります。 それぞれに長所が異なり、ハードタイプのものは軽量でシンプルな中にも背面のイラストに個性的なものが多く、ソフトケースのものは手にしっくりとくる馴染みやすさと、着脱のしやすさ、それに立体的な細工がされたデザインものが多くあるのが特徴です。
iphoneケース おもしろ 素材というと、まず一つはそんな二つのいい所を併せ持ったハイブリッド素材があります。ケースの背面は薄くて硬いプラスチックやポリカーボネートが使用されていることが多く、側面を覆う部分はシリコンやTPUが使われています。iphoneケース おもしろ 素材のもう一つはレザーです。手帳型のものが多くありますが、背面ケースもあり、少々他のケースに比べると高価なものが多く一般量販店よりも通信販売のほうが品揃えが豊富です。使えば使うほどレザーに味わいが出てきて、高級なオシャレを楽しむことができます。iphoneケース おもしろ 素材というと木製のものも忘れてはいけません。木ならではの温もりを味わえ、また製造メーカーが拘りを持って作っているものが多くあります。こちらも長く使うほど味が出てくる素材です。
衝撃や傷に対する耐久性はそれぞれ違いがありますが、そのどれもがきちんと本体を守る性能を兼ね備えています。一味違うケース選びの参考にしてみてください。

02+

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です