iPhone ケース についた 汚れ の落とし方とは?

iphone ケース 汚れ_1

iphone ケース 汚れは、水洗いをしてもなかなか落とすことができません。もっと綺麗にしたいと思っているなら、綺麗にするために必要な物を用意することになります。ただクレンザーのようなものを利用するわけにはいきませんし、洗剤を利用して洗うことも、素材を悪くする要因となってしまいます。ここで考えたいのは、石鹸を利用して洗う方法です。
基本的にiphone ケース 汚れというのは、手あかが大半となっています。手あかは石鹸を利用して落とすことが可能ですから、石鹸を利用すれば綺麗になります。ただそのまま石鹸をケースにつけて洗うというのは無理なので、タオル等に石鹸をしみこませ、泡立たせる方法が望ましいです。石鹸の付いたタオルで汚れを1つ1つ落としていくような形をとり、最終的に水で綺麗に落としてほしておく方法が一番有効です。
重層などのように強い洗浄成分を持っている物は、iphone ケース 汚れを落とすために利用することができません。これは素材に対して強すぎるためで、すぐに駄目になってしまいます。とりあえず普段利用している石鹸を利用して、まずは手あかを中心に落としてください。何度も繰り返していると綺麗になるので、根気強く続けることが大切です。

iphone ケース 汚れ_2

iphoneを使う上で欠かせないのがiphoneケースですが、使い続けるうちに気になるのがiphone ケース 汚れですよね。
いくら本体を汚れから守る事ができたとしても、ケースが手垢や皮脂まみれになっていたとしたらせっかくのiphoneが台無しになってしまいます。
「汚れを落とす」と聞くとなんだか面倒くさいイメージしかありませんが、意外と簡単に出来る上にこまめにやる事でいつまでもお気に入りのiphone ケース 汚れから守り、綺麗な状態に保つ事ができるんですよ。
素材別で言うと1番簡単なのはプラスチック製のハードケース。
本体から取り外して台所の食器用洗剤を付けて洗い流すという方法です。
その後柔らかい布でしっかりと水分を拭き取ればあっという間にピカピカになるのでオススメです。
次にシリコンケースの場合。
シリコンはゴミや細かいホコリが付着しやすく汚れが落ちにくいという特徴がありますが、セロテープなどで気になる部分に貼り付けてはがすという動作を何度か繰り返すと綺麗になります。
それでも取れない場合はハードケースの時と同様に食器洗い洗剤で洗うと汚れが落ちて綺麗になります。
ただ、そのまま布で拭くと繊維が再度付着することになってしまいますので、出来れば自然乾燥を行うか水気を切ってドライヤーなどを使って乾燥させましょう。
最後にレザーケースの場合、水は厳禁ですので毎日柔らかい布で全体を優しく拭くだけでも随分と効果があります。
しかしなかなか落ちないiphone ケース 汚れには消しゴムを使ってみるのも手です。
鉛筆の字を消す要領で汚れの部分をこすると汚れがどんどん綺麗になるので是非お試しください。

iphone ケース 汚れ_3

iphone ケースを使用していて、どうしても汚れが気になってしまうこともあると思います。1度ついた汚れはなかなか落ちてくれないですからね。そういうときにはどうやって汚れを落とすべきでしょうか?これはケースの素材などにもよるのですが、一般的なiphone ケース 汚れは中性洗剤を使用すると、落ちやすいとされています。勿論、ある程度汚れがこびりついてしまったものに限ります。水とかで洗って簡単に落ちるものであれば、そっちの方が良いですから、まずは水で洗ってみてください。また、中性洗剤を使用しても汚れがなかなか落ちないというケースは、歯ブラシを使ってゴシゴシやるとより効果的ともされています。ちょっと力のいる作業かもしれませんが、普通に中性洗剤を使用して効果がない場合には試してみてください。こうやってiphone ケース 汚れを落としていくことは可能ですけど、1番良いのは放っておいて汚れが落ちづらくなってから対処をするのではなく、日頃からちょっと汚れが気になるなと思ったら、その時点で対処をして、できるだけ早く落とせるようにしておくことでしょう。そういう心がけをした方が目立つiphone ケース 汚れが落ちる可能性も高くなると思います。

iphone ケース 汚れ_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です