増え始めた シリコンタイプ の iPhoneケース 。ケースに求められるものとは?

iphoneケース シリコン_1

 

以前まではプラスチック製のハードケースばかりが利用されてきましたが、ここ最近iphoneケース シリコンタイプが登場しています。シリコンは手触りが良く、滑りにくさも非常に強くなっています。この部分は結構前から求められていたことであり、もっと触り心地のいいケースで、なお且つ滑って落とすことが無いものを希望する方が多くいました。

ハードケースではちょっとしたことで手が滑り、落としてしまうことも多くありました。またプラスチックは手触りが悪く、冷たさを感じることも多くあったのです。そこで登場したのが、iphoneケース シリコン製にしたものです。値段はプラスチックよりも高くなりますが、手触りが非常によく、プラスチックの冷たさが無くなるので、冬場でも触りやすくなります。そしてシリコンによって手にフィットする感じがあり、ゴムのような感じで滑りにくい状態を作り出します。

外で利用することが多いiPhoneは、滑りにくい状態にしておかないと、落として壊れてしまいます。落とさないことを前提に考えている方が多くいたことが、iphoneケース シリコンタイプが登場することに繋がった可能性もあります。機能性を重視している方にとっては、ハードケースではなくソフトケースが望まれていたことも理由として挙げられます。

 

 

iphoneケース シリコン_2

 

せっかく高いお金を出して買ったiphoneは出来るだけ大切に使いたいところです。

しかしむき出しのまま使っていると本体に傷が付いてしまう事が多いです。

後で売るときのことも考えて傷が付かないようにiphoneケースを取り付けたいものです。

iphoneケースと言うと今まではハードケースばかりでした。

しかし近頃ではiphoneケース シリコンタイプの人気が高まっています。

ハードケースは強度に優れたポリカーボネートと言うプラスチック素材が使用されていることが多いです。

非常に割れにくい素材ではありますが、落とした時の衝撃に弱い欠点があります。

iphoneケース シリコンタイプは柔らかいシリコン素材を使用しており、落とした時の衝撃に強い長所があります。

プラスチック製のハードケースと違って、滑りにくい材質なのでうっかり落としにくいのも利点です。

さらにiphoneケースじたいに傷が付きにくい、付いても目立たない、冬の寒い季節に冷たくならないなど様々な特徴があります。

その代わりにハードケースよりあまりオシャレでは無い、柔軟性がある分取り付けにくい、滑りにくい分ポケットから出しにくいなど様々な欠点があります。

見た目のデザイン性にこだわる人には向かないですが、iphoneケース シリコンは本来求められている保護することにこだわる人にはピッタリです。

 

 

iphoneケース シリコン_3

 

iphoneケース シリコン素材の物が増えています。シリコンはハードタイプのケースに比べて壊れにくく、万が一落とした場合にも怪我をしにくい安心できる素材なのが魅力です。そのほかにもフィット感という特徴があり、ハードタイプのツルツルとした感触とは違い、滑り止めにもなる素材という特徴があります。

iphoneケース シリコンは価格帯が非常に安く仕上がる点にも注目が集まっています。大量生産しやすい素材なのでひとつひとつの価格帯がハードケースの物よりもかなり安く、1,000円以下の商品も珍しくありません。買い換えがしやすいので複数購入してデザインごとに気分で付け替えする楽しみ方も出来ます。

シリコンのもうひとつのポイントがその軽さです。重量はスマートフォンにとって非常に重要ですが、ハードケースよりも格段に軽く重みを感じないシリコンは、ケースとして使っても重量を増やすことなく扱えます。比べてみると意外とハードケースより利点は多く、素材の魅力があることが理解できるでしょう。

オシャレなデザインばかりでなく、安価で付け替え可能な素材が求められていたiphoneケース シリコンの市場。まさに理想的な素材と言えるために、今後もますます多く広まっていくことが予想されます。

 

iphoneケース シリコン_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です