スマートフォン バンパー 背面カバー 電波への影響について

20141009_TheEdge-front-gold_morita

気になるのはiphone バンパー 背面 電波が入りづらくなるのではという話です。背面カバーを利用したことによって、電波が入りづらくなるという話が結構ありますが、プラスチック系のカバーなら問題なく利用することができます。プラスチックに電波を遮断するような効果を持っているものはないため、安心して利用することができます。
しかしアルミ製にはiphone バンパー 背面 電波の問題があり、アルミの加工を施されている物もその対象になってしまうのです。アルミが電波を遮断するような効果を持っているために、このような商品を利用していると電波が入りづらくなってしまいます。背面カバーも同様であり、アルミが利用されているタイプを使ってしまうと、電波が弱くなっていることに気付くこととなります。出来る限りプラスチック製を利用した方がいいです。
どうしても気になってしまう部分ではありますが、素材によってiphone バンパー 背面 電波の影響は変わってくることとなります。電波が入りやすいプラスチック系統であれば問題はありませんが、アルミ製を利用していると結構影響が出やすくなってしまいます。なるべく背面カバーにはアルミを利用しないようにして、安心して利用できるカバーを探してください。

20141009_TheDimple-back-gold_morita

iphone バンパー 背面 電波が気になるという人が多いようですが、背面は関係ありません。
正しくは、背面カバーが金属製でない限り背面は関係ありません。

iphone バンパー 背面 電波で検索されている人が多いみたいなので、きっと背面カバーが電波に関係していると思われているのでしょう。
ですが、通常は背面カバーはガラスや樹脂でできています。
金属ではないのでそれによって電波が弱くなるなんて事はありません。

それよりも、iphone バンパー 背面 電波で検索している人はバンパーの材質を調べた方が良いと思います。
バンパーは案外金属製のものが多いです。
強度を確保する為にそうなっているのですが、これが電波を弱くしてしまっている原因です。
バンパーはiphoneのサイドを囲っているだけなので、回りからいくらでも電波が回り込んで行けそうなイメージですが、実際は金属製のバンパーがiphoneのアンテナ部分に重なることでシールドの役割をしてしまい電波が弱くなってしまいます。

これは金属製のバンパーを付けている限りどうしようもありません。
ただ、最近では金属製のバンパーでもiphoneのアンテナと重なる部分だけ樹脂製だったり木製だったりするバンパーが発売されています。
どうしても電波が弱くなるのが気になるようでしたら、そういったタイプのバンパーに変えるのが良いと思います。

20141009_TheEdge-back-black_morita

iphone バンパー 背面 電波への影響を気にする方がいますが、電波に影響するのは背面カバーではなくバンパー本体の方です。
電波に影響するのは素材が金属の場合ですので、バンパーが金属(アルミなど)で出来ている場合、どんなに高価なバンパーで電波障害の対策がしてあろうと多少なりとも電波に影響します。

ですので、iphone バンパー 背面 電波影響ということを考えると、背面カバーは影響がないと思います。
もちろん、背面カバーが金属で出来ている場合は別です。
その場合はかなり影響を受けることとなり、最悪圏外が多発する事になるかもしれません。

ですが、背面カバーはほとんどの場合金属ではありません。
なので気にするほどの電波への影響はないものと思われます。

iphone バンパー 背面 電波障害を気にするのでしたら、まずはバンパーの素材をプラスチックやシリコン、ポリカーボネート、などにするのが先決です。
そうする事によって電波障害のほとんどは防げると思います。

iphoneの背面は案外傷が付きやすく、最悪ちょっとした衝撃で割れてしまうこともあります。
ですので、そういったものを防ぐということで背面カバーは絶対に付けるべきだと思います。

お勧めはいろいろありますが、とりあえずはバンパー付属の保護フィルムを付けておくのが良いのではないでしょうか。

20141009_TheEdge-back-silver_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です