iPhone バンパー 背面カバー を 比較しました。

20141009_TheDimple-back-black_morita

バンパーは背面部分を守ることが出来ないため、ちょっと危ないように感じてしまう部分もあります。これを解消するのが背面カバーですが、iphone バンパー 背面 比較をしていくことが大切になります。背面カバーがしっかりしているものであれば、落とした時に安心できるので、出来る限り比較をしていくことが重要となります。
基本的にiphone バンパー 背面 比較をする部分は、落とした時の安定性と透明感になります。Deffの背面強化ガラスはこの2つを両立しており、比較すると多くの背面カバーより安定性を持っています。他にはアスデックが販売している背面カバーもありますが、これはどちらかと言えば背面にはるフィルムとなっており、手軽さではこちらの方が優れています。ただフィルムですので背面をカバーできるかは微妙な所になっています。
背面カバーとして販売されているものと、背面フィルム形式で販売されているものに分かれることも理解して、iphone バンパー 背面 比較をしてください。基本的に背面カバーでも、バンパーにつけられるDeffのようなものもあれば、バンパーとの相性の悪いタイプもあります。安心するためには比較をしっかり行って、いいものを付けてください。

20141009_TheEdge-back-gold_morita

iphone バンパー 背面カバー 比較しました。
iphone バンパー 背面 比較ということで、まずは「クリスタルアーマー メタルパンパー」と「クリスタルアーマー バックプロテクター」を紹介します。クリスタルアーマー・バックプロテクターはiPhone全体をカバーする大きさではないのですが、そこにクリスタルアーマー・メタルパンパーを組み合わせるとメタルパンパーの方がiPhoneの背面に回り込むようになっているので、バックプロテクターの足りない部分をぴったりと隠すというかカバーするようになっているわけです。ですから、メタルパンパーとバックプロテクターの色をコーディネートするという楽しみもあるわけですね。
iphone バンパー 背面 比較の相手は、「Gravity/グラビティハイブリッドバンパー /背面保護」にしましょう。こちらも人気があるので、iphone バンパー 背面 比較相手として不足はありません。こちらのバンパーは、メタルパンパーとTPUソフトケースというハードとソフトのハイブリッド保護による衝撃吸収を謳っています。iPhoneを落下させてしまってキズがつくことのないようにするためだけではなく、iPhoneのデザインを変えることなく、それでいてキズもスリキズも防ぐことを目的にして開発されたバンパーです。背面を守るのは、TPUのソフトケース。カラーは2種類あります。

20141009_TheEdge-front-gold_morita

iphone バンパー 背面 比較ということで、「ELECOM iPhone5/5S用 バンパーケース 背面カバー付き ブラック 液晶フィルム付き PS-A12UBCBK」を取り上げてみます。スリムなスタイルなのでiPhoneのデザインをそのまま残し、iPhoneをキズや汚れから守るフレームケースということになります。側面は強じんな耐久性としなやかな弾力性を合わせ持ったTPU(熱可塑性ポリウレタン)素材のフレーム、背面は丈夫なポリカーボネート製のカバーがiPhoneを保護します。バンパーを装着したままで、液晶画面の確認、本体の操作、充電・通信ケーブルの接続が可能です。
対しましてiphone バンパー 背面 比較と相手になるのは、「igen iPhone 5s / 5 ケース ウルトラ・ハイブリッド クリア バンパー (エアクッションテクノロジー) (日本製 液晶保護 フィルム付)」です。iphone バンパー 背面 比較の相手にふさわしいですね。こちらは、エアクッションで落下時の衝撃を軽減する「Air Cushion Technology」を採用しています。TPU素材を採用したサイド部分には各コーナー部分(内側)にエアクッションが設計されています。iPhoneの落下によって伝わる衝撃をエアクッションが吸収するので、ダメージを最小化することができます。背面カバーにはコーナー部分に突起したガードが設置してあり、背面4か所にあるリアガードがスリキズを防いでくれます。

20141009_TheEdge-remover_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です