iPhone バンパー で 背面 を傷から守るには

20141009_TheEdge-back-silver_morita

iphone バンパーは側面部分が傷つきやすいのでそれを保護してくれますし、iphoneそのもののデザインを損なうことなく、しかも高級感を出すことができたりしてかなりかっこよく使うことができるので人気です。ですが、背面部分に関しては不安が残るものです。スクリーンは保護シールなどでプロテクトできますが、背面部分に関してはなにもしていないということがあるかもしれません。iphone バンパー 背面 傷から守るために実際的な対策を講じていきたいものです。
iphone バンパー 背面 傷からの保護としてできるのは背面プレートを取り付けるというものです。それをすれば背面は守られます。ただごく普通の特徴のない背面プレートではつまらないかもしれませんので木製背面プレートをつけることができるかもしれません。背面プレートはICカードが入るようになっているものがあり、それでバスや電車も問題なくタッチして乗ることができてしまいます。木製背面プレートはあまり見ないのでオリジナル性が高く、しかも実用的であり、傷の保護をしっかりしてくれてなおかつ高級感もあります。iphone バンパー 背面 傷からの保護として背面プレートの取り付けを検討できますし、iphoneにアクセントをつけることができるのです。

20141009_TheEdge-back-gold_morita

シンプルながら粋が尽くされた感のあるiphoneの美しさを、そのまま楽しむため、ケースには入れないという方もいらっしゃいます。しかし多くの方はそこまで振り切って考えられず、何がしかの保護対策をしたいと思っているのでは?
そんな方達の支持を集めているのが、バンパーです。薄くて軽いアルミ等のフレームで、周りを取り囲むシンプルな作りですが、iphoneの弱点である横からの衝撃からシッカリ守ってくれる優れものです。
しかし正直iphone バンパー 背面 傷も気になるところですよね。触り心地の良さも計算されているiphoneですが、バッグの出し入れやテーブルに置いた際に付く、日々の擦り傷からも守りたいと思うのは、Apple愛好家なら当然のことです。
こういった要望に応えて、バンカー用の背面保護フィルムが出されています。例えば販売元ミヤビックスの「背面用保護シート OverLay Protector」などは、高い衝撃吸収性や扱いやすさにより、ユーザーから高い評価を受けています。これなら大切なiphone バンパー 背面 傷対策も万全です。
自分でフィルムを張ることに面倒くささを感じる、もしくはもっと完全にガードしたいのであれば、バンパーに初めからクリアプレートがセットになっている商品もありますよ。
iphone バンパー 背面 傷対策は、日々進化中です。

20141009_TheEdge-back-black_morita

どうしてもiphone バンパー 背面 傷が付きやすいものです。
気をつけて使っていたとしても知らないうちにガラス面にひっかき傷がなんていう事は多く、それが嫌でバンパーを使わないという人も多いみたいです。

iphone バンパー 背面 傷付くというのはある程度しょうがないものなんですが、どうしても背面が傷つくのが嫌だということでしたら背面保護フィルムを貼る事をおすすめします。

背面保護フィルムは、iphone バンパー 背面 傷から守ってくれるとても頼りになるフィルムです。
わりと大手の電気屋さんでも取り扱っているので、まだ貼っていないという人はどんなものか一度見に行ってみてください。

素材は通常のフィルムから、ガラスタイプのものまで、液晶面の保護フィルムと同じです。
貼り方ももちろん同じで、どなたにでも簡単に貼る事ができます。

ただ、注意点が一つあります。
保護フィルムによってはバンパーとぶつかってしまって、上手く貼れないことも多々あります。
メーカーによって保護フィルムの大きさは違いますし、バンパーの大きさも違いますから、購入前に一度調べてから行くと良いと思います。

それらがめんどくさいという人は、比較的高価なバンパーを購入すると良いと思います。
高価なバンパーには最初から背面保護フィルムが付属しているものが多いです。
調べる手間が省けますのでおすすめです。

20141009_TheDimple-remover_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です