iPhone 6 バンパー と ケースとの違いとは?

20141009_TheDimple-remover_morita

モバイルアクセサリーの中でもよく売れているiphone 6 バンパー ケース。
このiphone 6 バンパー ケース、店頭では並べて売ってありますが一体どのような違いがあるのでしょう?
よくあるiphone6のケースは、イラストや写真などをプリントしたプラスチック製のもの。
最近は少なくなってきましたがシリコン製のものも定番ですね。
比較的低価格で、プリントを使うためにさまざまなデザインのものを作ることが出来ます。
iphone6の液晶部分以外の全面をカバーし、傷や汚れから守ってくれますが
衝撃には弱く、落とすとケースの方が割れてしまうこともあります。
一方、iphone 6 バンパー ケースのうちバンパーはiphone6の側面を保護するのが
ケースとの最大の違いです。iphone6のガラス面は横からの衝撃に強く、側面に強い力をかけると
その圧力でガラスが割れ、液晶にひびが入ってしまいます。
それを防ぐためにバンパーは強度の高い素材、アルミや飛行機にも使うジュラルミンのような素材を多く使用しています。
金属を使うことが多いので、プリントなど可愛らしいデザインを施したものはあまりありません。
しかし、その素材感を活かして高級感のある美しいシルエットの製品を作ることができます。
iphoneの特徴である背面のリンゴマークが隠れないのも人気の理由。かわいすぎるのは苦手、という人やガジェットが好きな男性を中心に人気を集めています。

20141008_TheEdge04_morita

iphone 6 バンパー ケースをつけてスマートに大事なiphoneを保護しましょう。バンパーは枠のような形状のケースで、スマホの一番弱いコーナー(角)と側面部分を保護します。えっ、画面は保護しなくても大丈夫なの? と思われる方もいるでしょう。しかし、スマホの画面は強い耐久性をもったガラスでできているため、実は側面の方が衝撃に弱いのです。そして、その弱い部分をピンポイントに保護するのがバンパーなのです。iphone 6 バンパー ケースは普通のスマホケースとどこが違うのでしょうか? 一番の違いは、背面のデザインをそのまま楽しめること。背面を含めて選んだお気に入りの機種なのに、ケースでアップルのロゴが隠れてしまうのはなんだか寂しいですよね。。iphone 6 バンパー ケースなら、本来のデザインを邪魔することなく、iphoneを保護することができます。また、バンパーの大きな強みとして、厚み・大きさがほとんど変わらず、かさばらないということがあります。せっかくスリムなiphoneを買ったのに、スマホケースで分厚くなってしまうのはもったいない、カバンの中をすっきりさせたい、そんな方にはバンパーがおすすめです。バンパーはシンプルなデザイン・色のものが一番人気ですが、中にはカラフルなものやストーンつきのものもあるので、その日の気分でつけかえてみるのも楽しいかも。

20140926_TheDimple-Hold

オシャレな最先端スマホとしてたくさんの方に愛用されているiphone6ですが、バンパーかケースを付けて使っている方が結構いらっしゃいます。iphone 6 バンパー ケースではどんな違いがあって、双方にどのようなメリットがあるのかをあまりご存じないかも知れません。
バンパーとケースどちらもスマホを保護するための物ですが、保護性能の高さはバンパーの方が一般的には高いとされています。ケースは飽くまでもスマホをオシャレに着飾る洋服的な存在で、スマホの液晶部分以外をしっかりガードしたいのならバンパーを選んだほうがいいと思います。iphone 6 バンパー ケースのどちらも液晶部分は保護できませんので、保護シールを貼って割れないようにしておくことも忘れてはいけません。
ケースは保護性能の高さがバンパーより劣ると書きましたが、物によってはバンパーと同等程度の物もありますので、デザインと保護の力を兼ね備えたケースも探せばきっと見つかるかと思います。
iphone 6 バンパー ケースの違いで他に注目するべき点がお値段で、アルミバンパーのような削りだし加工されているものは意外と高かったりしますので、コストをなるべく抑えたいのならケースを選択するというのもアリでしょう。

20141008_TheDimple-main_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です