スマートフォン バンパー の素材について

20141009_TheEdge-remover_morita

装着することで衝撃からiphoneを守るバンパーですが、素材について詳しく知っている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。せっかく高価なiphoneを買うのですから、iphone 6 バンパー 素材についても知っておきましょう。iphone 6 バンパー 素材を知ることは自らのiphoneのガード性能を知るということにになります。

iphone 6 バンパー 素材の主流ともいえるのはアルミバンパーでしょう。ガッチリとiphoneをガードし、フィットしながらも衝撃に強いため、角々の衝撃もきちんと守ってくれるのが特徴です。

最近出始めたのはAppBankから紹介があった「最薄1mmハードバンパー」です。TR90というメガネのフレームに使われる素材であり、形状記憶で弾力性のあるプラスチックという特殊な素材を用いたバンパーになっています。

iphone 6 バンパー 素材としてはかなり珍しい種類の素材でできているバンパーではありますが、1mmという極薄なのにきっちり守ってくれます。滑りにくいのも特徴ですから、持っていても違和感がありません。

留め具のエッジコネクタも赤いカラーのものがついていたりするため、気分で付け替えるのもよいでしょう。光沢性のあるものがよければアルミバンパーを選び、ちょっと変わった素材のものが欲しければこのような特殊プラスチックの素材でできたバンパーを選んでみるのもよいでしょう。

iphonecase_j3_black1

iphone 6 バンパー 素材には何があるかご存知ですか? まず、もっとも代表的な素材として、アルミやステンレスなどの金属があります。メタルバンパーの魅力はなんといっても圧倒的な高級感です。素材の劣化も少なく、頑丈ですが、ややお値段がはることと、物によっては結構重いことがデメリットです。その日の気分で色々なイメチェンを楽しみたい人におすすめのiphone 6 バンパー 素材は、ポリカーボネイトです。ポリカーボネイトは薄くて軽く、お値段もお安め。特にデザインが豊富な素材ですから、こまめにバンパーを着けかえたい人には一番おすすめの素材です。デメリットとしては、やや衝撃に弱いこと、デザインによってはボタン操作がしづらくなる点です。iphone 6 バンパー 素材には、TPUというものもあります。これはソフトケースと呼ばれるもので、衝撃吸収性にたいへんすぐれているのが特長です。また、お値段も安めでカラーバリエーションも豊富、手にしっくり馴染むのも魅力です。デメリットとしては、まず熱に弱く変形しやすいことが挙げられます。また、デザインによっては、カメラ映りが悪くなってしまうことも……。どの素材にもいいところ・悪いところがありますから、あなたのライフスタイルや好みに合わせて賢く素材を選びましょう。

index

傷がついてしまいやすいiphoneの側面部分を保護できるのがiphoneバンパーです。画面は傷には強いガラスで出来ていますが衝撃には弱く、側面は傷がついたりコーティングが剥がれてしまいやすいため、その側面と画面割れから守るのに最適なのがバンパーなのです。iphoneのスリムなボディはそのままで、デザイン性も損ないません。
iphone 6 バンパー 素材には様々なものがあります。まずは価格が安いプラスティック製の硬いバンパーと、ラバー製の柔らかいバンパーです。双方とも手頃な値段で手に入れやすいので、バンパー初心者にも使いやすいでしょう。この二種類の素材を合わせたものもあります。高級感が出せるアルミ製バンパーもiphone 6 バンパー 素材の中では大変人気です。特徴としては金属製には思えないような軽さでしょう。それからiphoneに取り付けた際の一体感も抜群です。
高級さと頑丈さを兼ね揃えた究極のバンパー素材がジュラルミン製です。航空機に使用されるような強い強度を誇るアルミ合金でできたもので、拘って作られたものが多く、値段に見合った使用感と保護力を備えています。
バンパーや作りが立体的なので、しっかりと手にフィットします。iphone 6 バンパー 素材にはそれぞれに特徴がありますので、使い比べてみるのもいいでしょう。

indgfex

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です