iPhone 6 バンパー の 売れ筋商品 はこちら

not_category_08-1024x1024

さまざまなメーカーからさまざまなバンパーが発売されているiphoneですが、iphone 6 バンパー 売れ筋となると私が調べたところ、本体と同系色のシンプルなバンパーが上位のようです。

iphone 6 バンパー 売れ筋で検索し、さらに売り上げ順に並べると上位の方はほとんどがバンパーをしているのかどうかわからないような、iphoneのデザインを壊さないシンプルなものが多く、色もiphoneの本体に合わせた色が多く目に付きます。

使いやすさで言ったら、ある程度厚みがありグリップが付いているもの、指が引っ掛かりやすいデザインのものだと思うのですが、iphone 6 バンパー 売れ筋はとにかくシンプルなのが特徴です。

真正面から見てもiphone本体と一体化するくらい薄く、横から見てもやはりまったく厚みを感じさせない薄さです。
iphoneユーザーは使いやすさだけではなく、非常にデザインにもこだわる人が多いので当然といえば当然なのですが、もう少し実用性の高いバンパーも売れ筋商品として上位に食い込んでくると思っていたので意外でした。

価格帯としては1,000円から3,000円くらいのものが売れ筋のようです。
この辺はアンドロイドと一緒です。
ですが、もう少し下を見ると、かなり高額のバンパーも売れていますのでiphoneユーザーの方が高級志向が高いのかもしれません。
アンドロイドのケースで高額なものはほとんどありませんので。

ということで、なるべくデザインを壊さない、これがiphoneのバンパーの売れ筋商品の一番の条件でした。

41b3nUe-61L._SY300_

iphone 6 バンパー 売れ筋商品を見てみると、そのiphone 6 バンパー 売れ筋商品が選ばれている理由は、「スタイル」と「保護力」だということがわかります。現代的直線美というように表現されていましたが、iPhone 6のラインを生かしたバンパーだから人気があるということなのかもしれません。iphone 6 バンパー 売れ筋は、シンプルでありながら高級感があるデザインであることも売れている理由なのでしょう。iPhoneを使う人がどのボタンを最も使用するかということを考えて、細部にまでとことんこだわったデザインなのです。iPhoneを邪魔しないだけではなく、iPhoneを活かしたデザインが施されていることで、バンパー自体も自己主張をしているわけです。iPhoneの影の存在というわけではありません。この売れ筋バンパーは、2重構造になっているうえに、その角部分がより深く設計されているので、ショックや衝撃を吸収し、耐久性も大幅にアップしたというのです。また、iPhoneをしっかりと保護するTPUケースにハードフレームを組み合わせるという方式がとられていることも、ショックに強いバンパーケースになっているのです。このようなことから、このバンパーが売れ筋商品になっているわけですね。

02-1

iphone 6 バンパー 売れ筋商品の中の1つに、ウルトラ・ハイブリッドというキャッチコピーが付いているバンパーケースがあります。このウルトラ・ハイブリッドというのは、iPhone6のアイデンティティと保護するための技術が強く組み合わされているということを表した名称のようです。このiphone 6 バンパー 売れ筋商品は、iPhoneを守るのはもちろんのこと、iPhoneのアイデンティティも守り、守るべきiPhoneにぴったりフィットすることも目的にしているということなのです。このようなことから、iphone 6 バンパー 売れ筋商品の1つとしてランキングしているのだと考えられます。「Air Cusion Technology」というシステムにより、エアクッションがiPhoneが落下したときのショックを和らげてくれるというのです。空気で衝撃を和らげるというアイデアはランニングシューズなどではありましたが、iPhoneケースにも応用されるようになったということです。TPU素材のサイド部分にはそれぞれのコーナー部分(内側)にエアクッションが付けられています。さらに、ベゼル部分をiPhoneよりも1.5mm高くなっています。このデザインにより、iPhone 6の画面を守ることができているのです。これならスクリーンを下にして置いても画面を傷つけてしまうことはありません。

41b3nUe-61L._vSY300_

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です