iPhone 6 バンパー の耐久性 が気になる方はこちら

imagves

Apple社の製品はどれもこれも、それ自体のデザインがとても美しいですよね。人気のiphone 6もシンプルながら隅々まで美意識が行き届いており、ケースで覆ってしまうのは大変もったいないです。でも大切なiphone 6をむき出しで使うのは少し怖いですよね。「愛すべきリンゴのマークを隠すことなくガードしたい。」こんな欲望に応えて、最近はぐるりと周りを囲んで守るバンパーが注目を集めています。
しかし激しい使用環境に、iphone 6 バンパー 耐久してくれるのかな?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。確かに周りを囲むだけの姿に、落下時の不安を感じるのは無理のないことです。
でもそれは心配のし過ぎです。まず、もともとiphone 6自体が、落下の衝撃を吸収し逃がす性能に優れ、強い耐久性があることに定評があります。そしてバンパーを付けることにより、一番の弱点であるコーナー部分の破損をしっかりガード。iphone 6 バンパー 耐久性がばっちり上がります。
そしてバンパーで使われることが多いアルミですが、この物質の大きな特長は丈夫さと軽さ。生活のそこかしこで使われている事からも分かるように、この物質はiphone 6をしっかり守り切る耐久性を備えています。
あなたもiphone 6 バンパー 耐久性によって、安心してお使いいただけますよ。

41tXR4HQYSL._SY300_

iphone 6 バンパー 耐久で検索する人が多いみたいです。
あんなに細いバンパーで大丈夫なのかと心配になる気持ちは私も良くわかります。
では、実際にはどうなんでしょうか?
私もiphone 6 バンパー 耐久で色々と調べてみました。

まず、安価なバンパー、これは主にプラスチック製が多いみたいです。
で、耐久性ですが、かなり低いです。
酷いものだと数10センチの高さから落としただけでもバンパーが割れます。
割れるまではいかなくても、簡単に欠ける事もあるので装着時に破損するなんて事も多いようです。
ですので、あまりお勧めはできません。
同じ安価なバンパーでもシリコンやTPU製のものは柔らかく衝撃吸収効果もあるので、安価なプラスチック製バンパーを使うならシリコンやTPU製のものを使った方が良いと思います。

iphone 6 バンパー 耐久でもっともお勧めできるバンパーは、ジェラルミン製のバンパーです。
ジェラルミン製のバンパーは私が調べた限り耐久性を問題視している記事などは見つけられませんでした。
それだけ耐久性に優れているのだと思います。
さらに軽いので、女性にもお勧めです。
金属製の丈夫なものも多く発売されていますが、それらは重く、使う人を選ぶのでよほど拘りがない限りジェラルミン製のバンパーが良いと思います。

一番のお勧めはジェラルミン製のバンパーですが、価格が高いのが難点です。
ですので、とりあえず耐久性だけ高ければ良いというのなら、シリコンかTPU製が良いのではないかと思います。
耐久性だけでしたら抜群です。

00000306_photo1

iphone 6のバンパーが人気となっていますが、単にスリムでクールでかっこいいというだけではなく、バンパーとして本来の目的である落下などの衝撃にしっかり耐えるものとなってくれるのかどうかということに注目したいものです。デザインのよいiphone 6ですが、落としたりぶつけたりして壊れてしまってはなんにもならないのです。iphone 6 バンパー 耐久性にこだわったものを購入したいものです。

iphone 6 バンパー 耐久に関して、フレーム部分は丈夫なものが多いのですが、液晶と背面の部分に心配があります。その点で防弾フィルムがセットになった耐衝撃バンパー BricWave Extremeという商品があります。バンパーの弱点である液晶部分の保護のための防弾フィルムによって、iphone 6を全方位からしっかりとガードしてくれるのです。この商品は日本製の信頼感、そして2重構造ということで確かにバンパーとしては最強クラスの耐久性を備えているということができます。

決してデザインだけではない、iphone 6 バンパー 耐久性も考慮されたこうした商品によって、多くのユーザーが安心してiphone 6をどのような状況であっても使うことができるようになっています。かっこよくクールでありながら耐久性も申し分ないものが確かにあります。

images

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です