iPhone 6 バンパー で衝撃からスマホを守る

iphonecase_j3_black1

iphone 6 バンパー 衝撃に強いものというと、意外にも安価なTPU製のバンパーだと思います。

iphoneを落とした事がある人ならわかると思いますが、iphoneが落ちる時は案外角から落ちます。
プラスチックのバンパーだと、一度の落下でほぼ確実にバンパーは壊れます。
iphone 6 バンパー 衝撃で動画サイトなどで検索すればそれらの映像がたくさん出てくると思います。

しかも、バンパーが壊れるだけではなく高い確率でiphoneの表面のガラスも割れます。
衝撃を逃がせないためです。
かなりの高さからというのだけではなく、屋外だと数10センチの高さでも壊れますのでほとんど衝撃から守る力はないと思います。

TPU製のバンパーの場合、物凄く安価なものだとしても案外衝撃に強いです。
角から落ちた場合、その衝撃をかなり吸収してiphoneを守ってくれます。
ですので、iphone 6 バンパー 衝撃というキーワードでバンパーを選ぶのなら、TPU製のバンパーがお勧めです。

ただ、TPU製のバンパーは衝撃で外れてしまう事も多いです。
バンパーが外れてしまうと、2度目3度目の衝撃でiphoneが壊れてしまう事があります。
そこでお勧めなのがジェラルミン製のバンパーです。
これは全ての商品がとは言いませんが、比較的iphoneから外れ難く、衝撃にも強いです。
バンパーで衝撃から守るというという事を考えるとベストだと思います。

20141009_TheDimple-Front-black_morita

iphone6の完成された美しいフォルムをそのまま使いたいという気持は良く分かるんですが、やっぱりガードするものがないと不測の事態が起きた時に故障する原因となります。iphone 6 バンパー 衝撃から守るというのが最もiPhoneを故障から遠ざけるためには重要な事で、バンパーさえ装着しておけばちょっと手から落としてしまったとしても液晶以外はほぼ完全にガードできるかと思います。バンパーは基本的にサイド部分の保護を目的としたものですので、液晶の保護は各自保護シールなどを使って守って下さい。
iphone 6 バンパー 衝撃に対する性能が高いのがアルミ合金製であるジュラルミンバンパーだと言われていますが、これはプラスティック製のものより強固でしかも軽さもほぼ変わらないと、iPhoneの保護に関してはジュラルミンが一番ではないかという意見もあります。ショックアブソーバーとして内側にシリコンのクッションが入っているものがベストで、これなら大抵の衝撃には耐えうるかと思います。
iPhoneを守るにはケースでも良いのではないかと思うでしょうが、iphone 6 バンパー 衝撃から守る性能がより上ですので、iPhoneをタフに使っている方には絶対にバンパーをオススメしたいです。

20141009_TheDimple-back-black_morita

iphone 6 バンパー で衝撃から守ることを考える人が増えているように思います。iPhone 6の曲線のあるフォルムにあわせたスタイリッシュなバンパーでありながら、衝撃からiPhone6を守ってくれるケースが増えているからではないでしょうか。iPhone6に直接触れることになるバンパーの内側部分にエラストマー素材を使用しているという製品は、エラストマー素材の弾性を利用しているわけです。iphone 6 バンパー 衝撃に強いだけではなく、軽いケースも多く、バンパーを装着したことで重くなってしまうようなことはありません。iphone 6 バンパー 衝撃に強いうえに、バンパーを装着するとiPhone6のスクリーンよりもエラストマーが高いデザインのケースであれば、スクリーンを下にしてテーブルやデスクに置いた場合でも、iPhoneのスクリーンが擦れてしまうことを避けることができます。iphone 6 バンパー 衝撃から守るだけではないという設計がなされているわけです。バンパーの良い所は、iPhoneの背面がすっきりするところで、これによりiPhoneの薄さを改めて実感する人も少なくありません。逆に言えば、裏面から落下した場合の対策は必要ということになるでしょう。iPhone6のデザインを壊さずに守りたいならバンパーということになりますね。

20141008_TheDimple-black01_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です