傷から守るなら スマホ バンパー がおすすめ!

20141008_TheDimple-silver01_morita

バンパーは傷つきやすいiphone 6の側面を覆い、傷と衝撃から本体を守ってくれるアクセサリーです。ケースのようにiphone 6本体をカバーする構造ではないのに、本体のデザインを損なうことなく保護力は抜群です。iphone 6 バンパー 傷に強く、覆っている側面だけではなく、横からの衝撃には弱い傾向にある画面のガラス部分が割れてしまうことを防いだり、傷からも守ることができます。なんといってもバンパーはとても軽量でスリムなため、スマートな形状の本体を損なうことはありません。
iphone 6 バンパー 傷から守るためにとても役に立ちますが、その形状からむき出しの背面部が心配だと思うかたもいるでしょう。ですがバンパーをつけることで側面に厚みが出ますので、置いたり落としたりしても直接背面が接する部分が少なくなるので、衝撃を受けても傷がつきにくくなります。透明フィルタやケースと併用できるバンパーを使えばさらに安心でしょう。iphone 6 バンパー 傷から守り、iphoneの雰囲気はそのままに守ることができる優秀なアイテムなのです。
バンパーには色々な素材のものがありますので、自分が気に入った質感や手触りなどのものを使用するといいでしょう。傷からしっかり守りつつ、スタイリッシュにiphone 6を使うことが出来ます。

20141008_TheDimple04_morita

iphone 6 バンパー 傷から守るという事があまり知られていないようですが、傷からiphoneを守ろうと思ったらバンパーは必需品です。

iphone 6 バンパー 傷というキーワードがあまり結びつかないかもしれませんが、バンパーをする事でiphoneは微妙に机や地面から浮きます。
この微妙な隙間が大切なんです。
ですので、iphone 6 バンパー 傷から守るという事を考えるならぜひバンパーは装着してください。

どんなに安いバンパーでも構いません。
大事なのは、地面などから少し画面が浮いているという事ですから。
一見まっ平に見える机の上にも微妙にゴミ等が落ちています。
そのゴミが画面に傷を付けるのです。
目に見えないような埃や砂等によって一回傷が付いてしまうと、その傷からどんどん傷が増えていってしまいます。
ですので、最初の傷をつけないためにもバンパーは早めに装着する事をお勧めします。

傷から守るためにバンパー型以外の他のケースを装着するという手もありますが、他のケースでは大部分がケースで隠れてしまいせっかくのiphoneのデザインが台無しになりますし、そのケースでiphoneを傷付けてしまうなんて事も少なくありません。

ですので、iphoneを傷から守ろうと思うのならバンパーが最適だと思います。

20141008_TheEdge-gold01_morita

傷から守るなら iphone 6 バンパーがいいという人は多くいます。iphone 6 バンパー 傷がつかないというのです。バンパーで16万円もするものがあります。iPhoneを守るために16万円もかけるというわけではないとは思いますが、このiphone 6 バンパー 傷がついたら、iPhoneに傷がつくことと、どちらがショックでしょうね。そのようなことを考えながら、この16万円もするバンパーについて調べていました。このバンパーは、丸みを帯びたシルエットと、スリットがとても美しいです。日本の古くからある建築物のようなスリットを思わせるデザインです。「佳麗」という表現が使われていますが、まさに佳麗なバンパーです。iphone 6 バンパー 傷から守るためだけにこのバンパーを購入する人はいないと思われる価格ですから、このバンパーを購入する人というのは、やはりこのデザインと開発者たちの意気込みに惚れ込んだということなのだと思います。このバンパーは金属製なのに、ネジを使用していません。「batto」という特別な構造が、このバンパーのためだけに開発されたということです。この技術は、なんと「抜刀」という言葉の美しさから命名されたとか。やはり、デザインだけではなく、その名称にも日本の匠の技を感じさせるバンパーですね。

20141008_TheEdge04_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です