iPhone 6 バンパー 削り出しのメリットとは?

index

iphone 6 バンパー 削り出しのメリットとは、どのようなことなのでしょう。iphone 6 バンパー 削り出しにメリットがなければ、メーカーは作らないはずです。iphone 6 バンパー 削り出しは価格が高い傾向がありますから、ますますメリットがなければ割に合わないはずです。削り出しとは、素材を加工するときに、素材のかたまりから形を圧延することを行わずに、切削することで形を作る方法です。一本の木を彫刻して作品にすることを思い浮かべるとよいかもしれません。削り出すということは、素材をそのまま使用しているということになりますから、圧延で延ばしたりしないので、素材のむらが起こらず、ひび割れたりすることもないのです。それに、素材をそのまま使うということは強度もそのままであるということになります。しかし、丸太を彫刻するようなことを考えてみるとわかるように、削り出した部分がとても多くなってしまいます。だから、iPhoneの削り出しバンパーは比較的高価になってしまうわけです。その代わり、丈夫であったり、薄くて軽量であるわけなのですが、大量生産にも不向きということでもあります。手間もかかることになるので、そう考えるとなかなか貴重なものだということになりますね。

SQUAIRDuralumin1 (1)

金属製のバンパーの中でも高級品のものには、よく削り出し製法と書かれています。削り出しというのは金属加工の方法の一つで、金属素材の塊を切ったり削ったりすることで製品を加工します。
圧を加えて素材を伸ばしたり、溶かして型に流し込んで冷やすといった方法が多い金属加工品は、型を使うことで大量生産が簡単です。しかしiphone 6 バンパー 削り出しのメリットは素材をそのまま切削するので、素材の強度を損なうことなく生かすことができるのです。加工精度も高く、仕上がりの綺麗さも手間がかかる削り出しならではです。iphone 6 バンパー 削り出しは大量生産には向きませんし、他のバンパーに比べると高価になってしまいますが、値段に見合った質であることは間違いありません。削り出しバンパーといえば造形美、まさに一つの工芸品と言えるでしょう。
iphone 6 バンパー 削り出しは高価である分、ひとつひとつの形状の美しさと強度面には文句のつけようがありません。安心してiphoneに使用できるレベルの高品質のバンパーであると言えます。シンプルなバンパーだからこそ、上質でかっこよく見せたいと思っているかたには、一つ上のレベルの削り出しバンパーがおススメです。

dmc-main

iPhoneを外部からの衝撃から保護するためにバンパーを使っている方も多いですが、その素材についてこだわりを持っている方もいるんじゃないでしょうか。軽くて丈夫であるジュラルミン製のバンパーなどはしっかり保護できる素材の代表例ですが、iphone 6 バンパー 削り出しジュラルミン製の物は強固なだけでなくその見た目も凄くカッコ良いということで人気なんです。
プラスティック製バンパーでは決して表現することの出来ないような美しさで、iphone 6 バンパー 削り出しだからこそ出せるまるで彫刻のようなカッコ良さがあるんです。お値段的には普通のバンパーよりもお高くなる傾向はありますが、非常に丈夫でしかもそのフォルムの素晴らしさを考えたら安い価格だと思ってくれるはずです。
高品質のジュラルミン製のバンパーですと削りだし加工が優れているため、軽さもプラスティック製に匹敵するくらいの軽量化がなされています。そして指先を決して痛めないように慎重に加工されていますので、持った時の手触りに関しても優れているのがiphone 6 バンパー 削り出しの凄さなんです。
ジュラルミンの削りだしバンパーをスマホに装着すれば、きっとタフな環境でも耐えてくれますしオシャレに見せられると言う事なしなんです。

00000309_photo1

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です