話題のスマホ用 バンパー 商品の特徴について

41CE4aDfPZL._SY300_

iphone 6 バンパー 人気のiphoneケース、バンパー。スマホの一番弱い部分を保護しながら、厚みと大きさはほとんどそのまま、背面のデザインも楽しめるアイテムです。外見は四角い枠のような形状をしており、自分でネジ留めするほか、ドライバーを使わずにワンタッチで装着できるタイプもあります。iphone 6 バンパー 人気商品を見てみると、やはりバンパーの持ち味を活かした、シンプルなデザインが上位に並びます。男女問わず使えるシンプルなデザインに、カラーバリエーションや細部のデザインに工夫を凝らしたものが一番人気のようです。素材は丈夫で定番のアルミに加え、TPUやポリカーボネイトなどの軽い素材も登場。スマホを保護するだけでなく、本体のデザインを活かしつつ、印象に微妙なアクセントを加えるのがバンパーの持ち味ですから、思い切って本体とは反対色のものを選ぶのも楽しいかも? Amazon.co.jp限定の「Highend berry 2015年 モデル」はiphone 6 バンパー 人気商品、ベストセラー1位にもなっています。人気ブランド「Highend berry」とアマゾンのコラボ商品で、TPU製のクリスタルバンパーは手に馴染みやすい丸みを帯びた形状で、iphone本体のデザインを引き立てます。

02-1

最近は、主流だったスマートフォン用のケースはもちろんのこと、iphone 6 バンパー 人気が高まっています。誰もが日常的に使用しているケースとは違い、利用者が現時点ではあまり多くないために他人と同じものを買ってしまうおそれが少ないこと、本体の外観を変更せずに済むこと、目立たないのでどのようなシーンにも適していることがその理由として挙げられます。
iphone 6 バンパー 人気がある商品の材質としては、アルミが一番に挙げられます。本体をくまなく被う構造である場合、金属を使うと電波を遮ってしまいますし、重量が加算されるため、特に女性や高齢者には負担となります。一方、この商品は本体の周辺部だけをカバーしますので、高級感がありスタイリッシュなアルミが用いられることが多いのです。最大の目的である耐衝撃性に優れているのもメリットと言えます。
また、iphone 6 バンパー 人気のデザインについては、2種類に分けられます。一つは、本体をそのままコーティングしたような、角が丸みを帯びつつも側面は直線的になったシンプルなものです。カラーが豊富であり、やや若者向けと言えます。もう一つは、本体に沿うのみならず曲線・エッジを採用したもので、宝石店とコラボレーションした商品のように、高級感を前面に出したものに見受けられます。

20141009_TheEdge-front-silver_morita

スマホをカバーするパーツはバンパーと手帳型に二分されると思うのですが、手頃な価格で購入できるということでバンパーを使用されている方の割合が高いのが現状かと思います。今シェアがかなり高いiphone 6 バンパー 人気商品となっているのには、やっぱりそれなりの理由や特徴があるんです。ココでは少しだけそのバンパー人気の秘密を検証してみたいと思います。
まずiphone 6 バンパー 人気商品となっているものはリーズナブルな価格で手に入れられて、しかもどんなお店にも置いてあるようないわゆる定番品と呼ばれるものじゃないかと思います。価格が安くて品数が多ければ人気となるのは当然ですが、やはりみんなが使用しているという安心感が購入意欲を沸かせてくれる一因ではないでしょうか。
また人気商品の特徴として考えられるのが保護性能の高さと装着のしやすさで、ネジを使わないタイプで落としたとしても留め具が簡単に外れないようなものに人気が集まっているんです。ネジ使用のバンパーは確かに頑丈ですが、取り付けに時間が掛ることもあり敬遠されがちなんです。
そしてiphone 6 バンパー 人気商品となる理由としてはデザインも欠かせません。機能を損なわないレベルで見た目もオシャレであることが、人気バンパーとなるか否かの境目かと思います。

20141009_TheEdge-front-gold_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です